Skyrim~Jade 家を建てる(ウィンドスタッド邸)

Marcurio:・・・また家を建てるのか?
Jade:建てるよ。なんで?
Marcurio:誰かを呼ぶのか?ヘリヤーケンホールみたいに
Jade:うーん、どうしようかな。

とりあえず土地を見に行きましょう。

モーサルの沼地が長く続きます。
カニやら蜘蛛やらがいて、おどろおどろしい雰囲気が漂っています。


ウィンドスタッド邸

寝室・メインホール・台所を作って完成です(北に部屋を作りませんでした)。

持っていた本やら使っていない防具やらを片付けて、一息つきましょう。
あ、そうだ。と言ってJadeがなにやらごそごそしています。

Marcurio:何をしている?
Jade:ふふ。どう?
Marcurio:・・・どうした、その格好は。
Jade:えー・・・何、その反応。

アルバが着ていた酒場の服をJadeも着てみました。
マーキュリオの反応はというと・・・困ったような顔をしています。
もうちょっと違う反応が欲しかったのに。

Jadeはぶすっと黙り込みました。
いつもの服に着替えて、台所へと向かいます。


Jade:気晴らしにパイを焼く

もくもくとパイやねじりパンなんかを焼くJadeを、マーキュリオは後ろから眺めています。

Jadeが焼いたパイやアップルキャベツのシチュー、ワインを並べて・・・さぁ食事にしましょう。

Marcurio:ドーンスターで
Jade:うん?
Marcurio:お前は俺に機嫌が悪いのかと聞いただろ
Jade:・・・うん。だって、マーキュリオ、むすっとしてたんだもん
Marcurio:同じことを、俺も聞くぞ。お前、なんでそんなに機嫌が悪いんだ
Jade:え

どこからこんなにイライラしていたんだろう?と考えを巡らせると・・・
フロガーが自分の妻子が焼け死んだというのに、新しい女の家に転がり込んだという話を聞いたところからスタートで。
ソンニールが自分の妻のラレッテの話をするより、アルバのことにムキになったことに腹が立ち。
挙句、酒場でアルバにデレデレしてるマーキュリオを見て、イライラした訳だ。

Jade:・・・だって
Marcurio:うん。
Jade:だって、マーキュリオが
Marcurio:俺が?
Jade:あの女にデレデレするから

一瞬驚いた顔をしたマーキュリオは、ふと小さく笑いました。

胸ポケットをごそごそして、何かを探しています。
Jadeが見つめる中、取り出したものは・・・アミュレット?

マーキュリオが少し照れながら、アミュレットを渡してきました。

Jade:?マーキュリオ、これ?
Marcurio:まぁ、その、なんだ。俺は・・・
Jade:プレゼント?
Marcurio:・・・お前、まさか意味・・・
Jade:意味?

溜息をついてJadeを見つめるマーキュリオ。しかたがないなと小声で呟きます。

なんだかよくわかりませんが、マーキュリオからプレゼントをもらって嬉しくなったJadeは早速アミュレットを身に着けます。

Jade:ありがとう。嬉しい
Marcurio:(それの意味をわかってくれていると、もっと嬉しいんだがな)そうか。
Jade:この家はね、マーキュリオと旅するときに一休みするために建てたんだ。だからさ、これからも一緒に旅してよ
Marcurio:・・・いつかリフテンに行かないか
Jade:いいよ!先に行ったことのない西のほうを旅したいな
Marcurio:OK。わかった


Jade:あれはなに? Marcurio:あれはソリチュードだ

これからも2人で旅を続けよう!と景色を眺めながら心に決めるJadeでした。



ブレトン娘 Jade編 終了

CTDを頻繁に起こす様になり、ロクにゲームができなくなってしまったのでJade編のデータは全て削除することに。
泣く泣くゲームも入れ直しです。

Jade編は魔法大学で破壊魔法の達人になって(スキル100)、試験を受けて終了する予定でした。
急遽モーサルで家を建てたところで終わらせることになりました・・・。

急にマーキュリオがアミュレット渡したりと、流れ的にどうなの・・・ですが、お許しくださいませ。

拍手頂けると中の人がとても喜びます




にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

Feriz
  • Feriz
  • 実績とか考えないゆるいゲーマー。
    FCから始まり、最近はX-Boxでばかりゲームしてます。
    S.T.A.L.K.E.R.2のために、XBOX SERIES S欲しいなと思う今日この頃。