B.O.S.

Fallout NewVegas ; Still in the Dark B.O.S.

Fallout NewVegas ; Still in the Dark

ベロニカを休ませるためにLucky38へと戻る。 キャスやブーンは出かけているようで、アルケイドが1人本を読んで寛いでいる姿があった。 ベロニカを寝室に送り届けた後、Luciaはアルケイドの部屋に立ち寄ることにした。 本を読んでいたアルケイドに、簡単にバンカーでの出来事や前哨基地で起こってしまったこ…
Fallout NewVegas ; I Could Make You Care(4) B.O.S.

Fallout NewVegas ; I Could Make You Care(4)

エルダー・マクナマラのいる部屋の扉の前に立つと、ベロニカはより一層緊張した面持ちになった。 『大丈夫、ベロニカ?』 「あはは・・・やっぱり緊張するわね。この場所に籠っていたほうがB.O.S.のためなのかしら?」 『ベロニカ。見てきたこと、感じたことをエルダーに伝えよう。」 ベロニカが大きく頷いたのを…
Fallout NewVegas ; Vault34にて B.O.S.

Fallout NewVegas ; Vault34にて

Vault34へと続く洞窟。 洞窟の前には、水たまりがありドラム缶が浮かんでいる。 近づくと、ガイガーカウンターがガリガリガリと警告音を鳴らす。 『うわ、RAD値すごいや』 「どうする、Lucia?中へ進む・・・?」 『ベロニカ、Rad-XとRad-Away渡しておくね。注意しながら先に進もう。』 …
Fallout NewVegas ; I Could Make You Care(3) B.O.S.

Fallout NewVegas ; I Could Make You Care(3)

バンカーを出て、エルダー・エリヤが残したメッセージを確認するために隠れ家であったGibsonの家を目指す。 どんなテクノロジーだったら、マクナマラを説得できるだろうねと話ながら。 「抱え込むだけ抱え込んで、身動き取れなくなって。ほんと病人よね。」 ベロニカは自嘲気味に笑う。 「そういえばさ。」 『な…
Fallout NewVegas ; I Could Make You Care(2) B.O.S.

Fallout NewVegas ; I Could Make You Care(2)

ベロニカとエルダー・マクナマラは互いに睨みあったまま、しばらく黙り込んでいた。 最初の口火を切ったのはベロニカだった。 「このままじゃ、私たちに未来はないわ。」 「そんな確証はないだろう。我々が外に出れば問題が解決するという確証もない。」 ベロニカが、やりきれないといった風に頭を振った。 「どうして…