同胞団

Skyrim~コドラクの頼み事(Midir編) Skyrim

Skyrim~コドラクの頼み事(Midir編)

ヒルグランドの墓でゴルディールと別れ、一路ファルダーズトゥースを目指す。 あいにく天気も悪くなってきた。 さっさと片付けてホワイトランへ戻るとしよう。 エリク:向こうにある砦だね。 Midir:うし、行くとするか 砦の裏手に周り、様子を探る。 いるいる。シルバーハンドの奴ら、いるなー。 珍しくMid…
Skyrim~ファルダーズトゥースを目指す(Midir編) Skyrim

Skyrim~ファルダーズトゥースを目指す(Midir編)

アエラが地図に印をつけてくれた。 ファルダーズトゥースは、イヴァルステッドとリフテンの丁度中間地点にある砦だ。 ホワイトランからは・・・結構距離があるな。 食料や薬を買い込んで、エリクと出かけよう。 エリク:ああ、すごいや。冒険の旅に出発するんだね! Midir:(エリク、大喜びしてんな) エリク:…
Skyrim~ウースラドの破片を回収する(Midir編) Skyrim

Skyrim~ウースラドの破片を回収する(Midir編)

ふぁあぁと欠伸が出た。 ウェアウルフになってから、安眠できないのだ。 寝ればとにかく回復するMidirにとって、これは少々厄介だった。 折角サークルの仲間として認めてもらったけど・・・俺、ウェアウルフやめようかなぁ。 変身して敵をぶっとばすより、剣と盾で戦う方が好きだもんな。 まぁ、そんなことよりウ…
Skyrim~オロセイムへ向かう(Midir編) Skyrim

Skyrim~オロセイムへ向かう(Midir編)

ギャロウズ・ロックを出て、ホワイトランへと向かうとする。 焚火が見えたので、近寄ってみると巨人の居住地(クレイドルクラッシュ・ロック)だ。 巨人を倒し、焚火で持ち合わせていたマンモスの肉を炙り食事を取る。 腹が膨れたところでホワイトランへとひた走る。 ジェナッサがいたら、オロセイムで一仕事一緒にしな…
Skyrim~サークルに迎え入れられる(Midir編) Skyrim

Skyrim~サークルに迎え入れられる(Midir編)

ドーンスターからホワイトランへ戻る頃には、月(セクンダ)が明るく輝いていた。 Midir:疲れたし宿で休もうぜ ジェナッサ:別に構わないけど・・・同胞団に報告しなくていいの? Midir:明日でいいだろー。俺、腹減った ジェナッサ:(ふう) 住民で賑わっているバーナード・メアへと入る。 サーディアが…
Skyrim~ ドーンスターで厄介事を片付ける(Midir編) Skyrim

Skyrim~ ドーンスターで厄介事を片付ける(Midir編)

ジェナッサの装備を整え、いざ出発! ジェナッサ:ちなみにドーンスターには何をしに行くの? Midir:ん?ファルカスの兄貴から仕事貰って・・・なんだけな。なんか悪い奴を殴ってこいって ジェナッサ:ファルカス?ああ、同胞団ね。え?ちょっと待って。あんた同胞団なの? Midir:おうよ。今日、なんか儀式…
Skyrim~ 同胞団の一員となる(Midir編) Skyrim

Skyrim~ 同胞団の一員となる(Midir編)

ヴィルカスの後を追い、ジョルバスクルの中庭へ。 見ると、コドラクにスコール、アエラが待っている。 なんだ?なんなんだ?不思議そうな顔で待っている皆を見つめるMidir。 そこにヴィルカスとファルカスが加わった。 コドラク:やあ、戻ったな、ひよっこよ。 Midir:これ、なんだ?どうしたんだよ? スコ…
Skyrim~ ダストマンの石塚で秘密を知る(Midir編) Skyrim

Skyrim~ ダストマンの石塚で秘密を知る(Midir編)

ファルカスに促されて、ダストマンの石塚へと進む。 Midir:ここ、墓か? ファルカス:そうだ。ノルドの古い遺跡だな。 Midir:こんなとこに、うーすらどってのがあるのか? ファルカス:スコールが学者から聞いたそうだ。ま、俺はどっちでもいいんだがな Midir:なんで? ファルカス:戦えれば、それ…
Skyrim~ ダストマンの石塚へ(Midir編) Skyrim

Skyrim~ ダストマンの石塚へ(Midir編)

地面に座り込み、アエラの弓の練習を眺めているファルカスに声をかける。 Midir:ファルカス・・・の兄貴 ファルカス:ん?兄貴って呼んだか? Midir:へへ ファルカス:弟はヴィルカスだけで十分だが・・・まぁいいか。 Midir:え?あの人、弟なのか? さてと、と言ってファルカスは立ち上がった。 …
Skyrim~ 同胞団の入団試験が続く(Midir編) Skyrim

Skyrim~ 同胞団の入団試験が続く(Midir編)

ファルカスは、にこにこしながら新人は大歓迎だと話す。 ずっと居てくれることを願うよ、と言いながら共同部屋へMidirを案内した。 部屋にはベッドが並べられている。下っ端はここで共同生活って訳だ。 Midirを見てトーバーと名乗る男が声をかけてきた。 トーバー:おお、新入りか。久々だな Midir:ど…
Skyrim~同胞団へ入団する(Midir編) Skyrim

Skyrim~同胞団へ入団する(Midir編)

御者のアルファリンがホワイトラン入り口で馬車を停める。 アルファリン:ついたぞ。 Midir:あー!尻がいてぇ!結構かかったな アルファリン:文句言わずに、ほれ降りろ。 Midir:おー、ありがとな 久々のホワイトラン。 さぁ、同胞団へ入れてもらうためにジョルバスクルへと行こう。 さてと・・・。同胞…