Skyrim~ 同胞団の一員となる(Midir編) Skyrim

Skyrim~ 同胞団の一員となる(Midir編)

ヴィルカスの後を追い、ジョルバスクルの中庭へ。 見ると、コドラクにスコール、アエラが待っている。 なんだ?なんなんだ?不思議そうな顔で待っている皆を見つめるMidir。 そこにヴィルカスとファルカスが加わった。 コドラク:やあ、戻ったな、ひよっこよ。 Midir:これ、なんだ?どうしたんだよ? スコ…
Skyrim~Diyaab ドーンスターへ向かう Skyrim

Skyrim~Diyaab ドーンスターへ向かう

長旅になるので、荷物を整理し腹ごしらえしてから出ることにする。 少し離れた場所に食堂のような場所があったので、隅で荷物の出し入れをしているとナジルがやってきた。 その辺にある物は持って行っていいぞと言うので、Lady用に肉を少し失敬することに。 手早く調理する俺をナジルが、じっと見つめている。 お前…
Arkane Anniversary Collection ゲーム紹介

Arkane Anniversary Collection

じつは「Arkane Anniversary Collection」を購入した訳でなく、元々「Dishonored」の3作品パックを買っていて、最近「Prey」も購入したので、「Arkane Anniversary Collection」を購入した風になっておりますw 含まれる作品は・・・以下の4点…
Skyrim~Diyaab 聖域へ Skyrim

Skyrim~Diyaab 聖域へ

森の中に闇の一党の聖域を発見した。 扉と思われる部分にある髑髏が俺を見つめる。 かたかた、と髑髏が小刻みに揺れ"人生の調べとは何か?"と聞いてきた。 どうやら暗号を要求されているらしい。 アストリッドと小屋で交わした会話を思いだす。 聞かされていた言葉を呟くと、"ようこそ、同胞よ"と髑髏が言い、扉が…
Fallout NewVegas ; Ring-a-Ding-Ding! (4) Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; Ring-a-Ding-Ding! (4)

いよいよ・・・Bennyと対峙する。 そう思うとLuciaは少しだけ息苦しくなった。 ラウルがそんなLuciaを心配そうに見つめる。 GoodSpringsの墓地で、猿轡噛まされて手足を縛られ・・・Bennyに頭を撃たれる瞬間が脳裏をかすめた。 今回の出来事の発端。 「・・・ボス?」 ラウルの声には…
Skyrim~ ダストマンの石塚で秘密を知る(Midir編) Skyrim

Skyrim~ ダストマンの石塚で秘密を知る(Midir編)

ファルカスに促されて、ダストマンの石塚へと進む。 Midir:ここ、墓か? ファルカス:そうだ。ノルドの古い遺跡だな。 Midir:こんなとこに、うーすらどってのがあるのか? ファルカス:スコールが学者から聞いたそうだ。ま、俺はどっちでもいいんだがな Midir:なんで? ファルカス:戦えれば、それ…
Skyrim~ ダストマンの石塚へ(Midir編) Skyrim

Skyrim~ ダストマンの石塚へ(Midir編)

地面に座り込み、アエラの弓の練習を眺めているファルカスに声をかける。 Midir:ファルカス・・・の兄貴 ファルカス:ん?兄貴って呼んだか? Midir:へへ ファルカス:弟はヴィルカスだけで十分だが・・・まぁいいか。 Midir:え?あの人、弟なのか? さてと、と言ってファルカスは立ち上がった。 …
Skyrim~Diyaab 闇の一党との接触 Skyrim

Skyrim~Diyaab 闇の一党との接触

暗がりと薬のせいで、しばらくの間視界がぼんやりとしていたが、徐々に焦点があってくる。 棚の上に座っている覆面の人物が面白そうに、俺が様子を窺っているのを眺めている。 グレロッドの件よ、とその人物は言う。声からすると女のようだ。 ・・・グレロッド。アベンタス・アルティノから引き受けた、あの件の事か。 …
Fallout NewVegas ; Ring-a-Ding-Ding! (3) Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; Ring-a-Ding-Ding! (3)

何故こんなところにセキュリトロンが・・・? しかも外にいるHouse傘下のセキュリトロンとは、様子が違う。なんだ、こいつ? Luciaとラウルが顔を見合わせて言い淀んでいると、再びセキュリトロンが陽気な声で話しかけてくる。 「やあ!こんにちは、会えて嬉しいよ!今日は何をすればいいのかな?」 『え、え…
Skyrim~Diyaab 黒き聖餐の依頼を引き受ける Skyrim

Skyrim~Diyaab 黒き聖餐の依頼を引き受ける

"愛しの母、愛しの母、あなたの子供を私の元へ届けてください。 卑しい者の罪を血と恐怖をもって清めなければならないのです" 年のころは7~8歳くらいの少年が、何度もナイフを振り下ろす。 戸口に見知らぬ男が立っていることに気づいた少年は、顔を輝かせて立ち上がった。 どうやら俺を闇の一党だと思っているよう…
Skyrim~ 同胞団の入団試験が続く(Midir編) Skyrim

Skyrim~ 同胞団の入団試験が続く(Midir編)

ファルカスは、にこにこしながら新人は大歓迎だと話す。 ずっと居てくれることを願うよ、と言いながら共同部屋へMidirを案内した。 部屋にはベッドが並べられている。下っ端はここで共同生活って訳だ。 Midirを見てトーバーと名乗る男が声をかけてきた。 トーバー:おお、新入りか。久々だな Midir:ど…
Skyrim~同胞団へ入団する(Midir編) Skyrim

Skyrim~同胞団へ入団する(Midir編)

御者のアルファリンがホワイトラン入り口で馬車を停める。 アルファリン:ついたぞ。 Midir:あー!尻がいてぇ!結構かかったな アルファリン:文句言わずに、ほれ降りろ。 Midir:おー、ありがとな 久々のホワイトラン。 さぁ、同胞団へ入れてもらうためにジョルバスクルへと行こう。 さてと・・・。同胞…