Fallout ; NewVegas ニプトンからノバックへ

Mojave Outpostを出て、まずはニプトンを目指す。

シーザー・リージョンが立ち去ったとはいえ、襲撃の跡は生々しく残っている。
あいつら旗まで立てて行ったのか・・・。

無人の民家を漁って、食べ物なんかを手に入れる。
スコルピオンの檻がある家もあって、びっくり。
しかも、どこかでスイッチを踏んだのか・・・勝手に出てきてしまいED-Eが速やかに片付けてくれた。ありがとう・・・。

結構長い時間あれこれやっていたようで、外に出るとすっかり暗くなっていた。


月が綺麗

夜間移動するのは控えたいので、近くに会ったトレーラーハウスのベッドで休むことにした。
『おやすみ、ED-E。』
Beep!

翌朝、新鮮なリンゴと綺麗な水で食事を済ませ出発!

谷間でジャッカルギャングに襲われて、危うく死にそうに・・・。
ED-Eいなかったら、完全に死んでました。ありがとう、ED-E。

なんとか切り抜けて、ふと見ると高台に家?のようなものを発見。
行ってみよう!


Wolfhorn Ranch(ウルフホーンの農場)

どうやら捨てられた農場のようだ。
景色も悪くない。
『ここで農業やって暮らすっていうのは、どうかな?』
ED-EがBeep音を立てながら、くるくる回った。
しばらく周りをふよふよと動いていたが、遠くで何かを見つけたらしい。ビー!と鋭い音を立てて、Luciaの元に戻ってきた。
『どうしたの?』聞き耳を立てると、どこかから銃声が聞こえてきた。

慌てて銃声が聞こえたほうへ行ってみると、リージョン兵とキャラバンの一団が交戦していた。


逃げ惑うバラモンたち

下手に手を出すと、キャラバンの人を撃ちそうで怖かったので・・・離れて様子見。

おっと、リージョン兵の形勢が悪くなってきた。
どんどん追い詰められていく。

手助けは不要と判断したLuciaは死んだリージョン兵から武器や弾丸、食べ物をありがたく頂戴する。

『こういうのって何て言うんだっけ?火事場泥棒?』

最終的にどうなったか眺めてみると、リージョン兵全滅。
キャラバンの一行は何も起こらなかったかのように、再び旅を続けていた。キャラバン隊強いね・・・。
折角なので、途中までキャラバン隊と一緒に歩いていくことにした。

『ねえ、こんにちわ。私ノバックまで行こうと思っているんだけど、途中まで一緒に歩いてもいい?』
「ん?なんだお前。ノバックはまだまだ先だぞ。一緒に歩いてもいいけど、なんか買えよ。」
『あはは。わかった、いいよ。でもあんまり持ち合わせがないから、その新鮮な梨を頂戴。』
「お前の連れてるアイボットもオイルいるか?」
BeeP!
「返事したぞ、おい」
『じゃあ、そのオイル頂戴。はい、ED-Eどうぞ。』

そんなことを話しながら歩いていると、遠くに基地のようなものが見えてきた。


Ranger Station Charlie(レンジャーステーション・チャーリー)

「じゃあ、俺たちはここでNCRレンジャー相手に商売するから、またな。」
『うん、ありがとう!』

キャラバンの一団と別れた。

ついでなので建物の中に入って、誰かいたら声をかけてみよう。
それにしても・・・人がいない。みんなで払っているのかしらね。

中にはスターリングという通信将校が一人いるだけだった。

周辺のパトロールで他のレンジャー達は出かけているそうだ。

『ここからノバックって近い?遠い?』
「少し行ったら恐竜が見えてくるさ」
『恐竜?』
「ノバックのランドマークだな。すぐに見えるはずだ。」
『わかった、ありがとう。』

恐竜がある町なんて・・・どんなとこかしらね?

もしかして・・・あれ?

思わず早足になる。

本当に恐竜がある・・・。

ノバックに到着した。




Feriz
  • Feriz
  • 実績とか考えないゆるいゲーマー。
    FCから始まり、最近はX-Boxでばかり遊んでる。
    ESO(The Elder Scrolls Online)に最近はハマっていて、タムリエルを走り回っています。面白いよ!
    基本的にソロプレイ。