Fallout4~ジャマイカ・プレインで財宝を見つける

イーグレット・ツアー・マリーナに畑を作り、家や募集無線ビーコンを建てた。
後は居住者が集まってきて何とかするだろう。


さて、ここからちょっと南下してぐるっと回ってパーク・ストリート駅を目指そう。

「ねえ、ブルー」
「ん?」
「ジャマイカ・プレインに行ってみたい!財宝があるって噂を聞いたことがあるの!!」
「財宝?」
「そう。とてつもない財宝が眠っていて、腕に自信のあるレイダー達が何人も挑戦して帰らぬ人となったと聞くわ」
「ほほう・・・。ちょっと興味あるな。」
「でしょ!?折角だから、寄り道していこう。」

ノリノリのパイパーに引きずられるようにジャマイカ・プレインを目指して歩き出した。

遠くに教会が見える。あの辺だろうか?

町にはグールが沢山出没していた。次から次からよく出てくるな!

ワークベンチがある。
どうやらここも居住地にできるんだな。
そんなことを考えていると、パイパーが建物の中へ飛び込んでいった。おいおい、どこに行くんだよ。

どうやらフェラルグールがまだ残っていたようだ。

地上階は見るも無残に破壊されていたけど、地下はまだ当時の様子を残していた。
愚痴を言う管理人のターミナルも覗いてみる。

「財宝どこにあるかなぁ」
「楽しそうだな、パイパー」
「見つけたら大スクープなじゃい!この世の中に財宝だよ?」
「そうだな」

目の前に赤外線レーザーが凄い量仕掛けられた通路が見えてきた。
なんなんだ、この数は。

「すごい数だね!ブルーどうする?」
「・・・。一つずつ手で解除していくしかなさそうだな・・・。パイパー悪いけど、待っててくれ」
「勿論だよ、ブルー。手伝えることがあったら言ってね。」

一つずつ慎重にトリップワイヤーを解除していく。
・・・。
・・・。
・・・。


ふう。全部解除したぞ。一仕事だな

グールに襲われることもなく、最後の扉っぽい部屋に出た。

扉が開くと共にプロテクトロン・ガーディアン2体が襲い掛かってきた。

さっきのレーザートリップワイヤーといい、プロテクトロンといい厳重に警備されている。
一体どれだけの財宝があるというんだろうか。


ボタンを押すと・・・

目の前に飛び込んできたのは・・・。

??
これはなんだ?

俺には・・・懐かしい気持ちを呼び起こすものばかりが飾られていた。

ホロテープやチラシがあったので見てみよう。

「パイパー、これが探していた財宝らしい」
「うん。ここにあるものは・・・200年も前の生活用品とか・・・なのかな?」
「そうだな。俺にとっては懐かしいものばかりだな」
「そっか・・・。あれ、あれはスワッター?」

「お、バットか」
「?スワッターでしょ?ダイヤモンドシティのモー・クローニンがこれと同じもの持ってたよ」
「ベースボール(野球)がまだ残っているのか?」
「???よくわからないから、ダイヤモンドシティに戻った時、モーに聞いてみたらいいんじゃないかな」
「そうしよう」



Feriz
  • Feriz
  • 実績とか考えないゆるいゲーマー。
    FCから始まり、最近はX-Boxでばかり遊んでる。
    ESO(The Elder Scrolls Online)に最近はハマっていて、タムリエルを走り回っています。面白いよ!
    基本的にソロプレイ。