Skyrim~ ドーンスターで厄介事を片付ける(Midir編)

ジェナッサの装備を整え、いざ出発!

ジェナッサ:ちなみにドーンスターには何をしに行くの?
Midir:ん?ファルカスの兄貴から仕事貰って・・・なんだけな。なんか悪い奴を殴ってこいって
ジェナッサ:ファルカス?ああ、同胞団ね。え?ちょっと待って。あんた同胞団なの?
Midir:おうよ。今日、なんか儀式してもらった

そして、どのルートでドーンスターを目指すのか聞かれたので、Midirは地図を広げ直線を描く。
ジェナッサは、地図とMidirの顔を見比べ溜息をついた。


ムアイクに遭遇

狼を倒したり


サーベルタイガーを倒したり

襲い掛かってくる山賊を倒しながら北を目指す。

ジェナッサは弓が得意なようだ。敵目指して直線的に突撃するMidirのフォローをしてくれるのは、ありがたい。

Midir:ねーさん、やるな。
ジェナッサ:ジェナッサでいいわよ。あんたが、何も考えていなさすぎるんじゃない?
Midir:とっとと、ぶっ潰したほうがいいじゃん
ジェナッサ:早死にするわよ

そんな話をしながら、どんどん北へ。

雪がちらちらと舞い落ちてきた。
そろそろ暗くなるし、どこかで暖を取って一休みしたいところだ。

ふと、遠くに煙が立ち上っているのが見えた。
山賊のねぐらでもあるのだろうか。・・・丁度いいな、とMidirはにやりとした。

大守護石の祠に、焚火があり寝床もある。・・・だが肝心の人影が見当たらない。

ジェナッサが声をかけてきた。
指さす方を見ると、山賊の死体が祠の下にある崖に投げ込まれている。

どうやら先客を片付けて、ここで一休みした人物がいるようだ。

ジェナッサ:山賊同士でやりあったのかしらね
Midir:かもな。でも、ここお宝なんてなさそうだしなぁ
ジェナッサ:あそこの山頂に・・・なにか大きな石像があるわね。もしかして、あそこに何かがあるのかも
Midir:お、ほんとだ。でけぇ石像があるな。ちょっと行ってみようぜ!

長い長い階段を登りきると、目の前に石像が迫る。

なんだこれ・・・?
Midirが聞くと、ジェナッサはメエルーンズ・デイゴンねと吐き捨てるように言った。
?デイドラだっけか?
デイドラにも9大神にも大して興味のないMidirは、ふーんと答えて石像を見上げる。

祠の扉は鍵が掛かっていて中に入れなかった。
大守護石に戻って、飯食おう。

焚火でホーカーの肉をあぶり、リンゴを切って食べる。
ジェナッサがエールを持っていたので、2人で呑んでほろ酔いだ。

Midir:そういやさー
ジェナッサ:なによ
Midir:ジェナッサ、最初会った時”芸術がどうの”言ってたよな。あれ、なに?
ジェナッサ:(なんで、そういうことは覚えているのかしらね、このこは)
Midir:あとさー、なんで傭兵になったの?
ジェナッサ:・・・元々武器職人だったのよ。で、良い武器ができると、自分で使いたくなって。
Midir:わははは!それで傭兵になったのか!

何がMidirのツボにハマったのかわからないが、しばし笑い転げ・・・

静かになったなと思い、覗いてみるとエールの瓶を抱えたまま、寝こけている。
・・・これが同胞団とはねとジェナッサは呟き、自分も眠ることにした。



軽く朝食を取り、一気にドーンスターへ向かうとしよう。

雪山を降り、しばらく走ると焼け落ちた家が見えてきた。
まだ火が燻っているのか、むっとした熱気が肌を撫でる。

建物の中は惨憺たる有様だ。

ジェナッサ:これは・・・
Midiri:なにがあったんだ、これ
ジェナッサ:ステンダールの番人と・・・吸血鬼ね
Midir:吸血鬼?俺、ホワイトランで襲われたことある
ジェナッサ:ステンダールの番人は、デイドラや吸血鬼を退治して回ってたわ。
Midir:返り討ちにあったってとこか

ホワイトランでMidirにドーンガードへ入らないか、と声をかけてきたデュラックの顔が思い浮かんだ。
ここのこと教えてやろうかな。・・・同胞団の用事すんだら、ドーンガードんとこ行ってみるか。



気を取り直してドーンスターへ。

ようやくドーンスターにたどり着いた。
えーと・・・目標は・・・ホリック・ハーフハンド?

近寄ると何やら首長と言い争いをしている。
話が終わるのを待って声をかけるとするか。

紛争の解決を頼まれた、と言うとピンと来たのか殴り掛かってきた。
すかさず右フックをかます。
ジェナッサが殺すんじゃないわよ!と叫ぶ。あ、そうか。殺しちゃだめなんだ。

ホリック・ハーフハンドが膝をついたところで勝負は決まった。

よし、ホワイトランへと戻るとしよう!




拍手頂けると中の人がとても喜びます




にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

Feriz
  • Feriz
  • 実績とか考えないゆるいゲーマー。
    FCから始まり、最近はX-Boxでばかり遊んでる。
    ESO(The Elder Scrolls Online)に最近はハマっていて、タムリエルを走り回っています。面白いよ!
    基本的にソロプレイ。