Skyrim

Skyrim~山賊を倒したり女王の剣を探したり(Midir編) Skyrim

Skyrim~山賊を倒したり女王の剣を探したり(Midir編)

氷の生霊を倒したので、ウィンドヘルムへ戻るわけだが・・・そういえば頼まれごとされてたな、と思い出す。 船長のキジャールから、盗みを働いて逃げ出した部下をぶっ殺せってのと鍛冶屋のオエンガルは女王の剣を見つけて欲しいだったっけな? ついでだ。片付けて戻るとするか。 まずは元来た道を戻り、川を渡って山賊の…
Skyrim~Diyaab ホニングブリュ―蜂蜜酒醸造所へ向かう Skyrim

Skyrim~Diyaab ホニングブリュ―蜂蜜酒醸造所へ向かう

何の用だか知らないが、盗賊ギルドのパトロンであるメイビン・ブラックブライアが俺を呼んでいるという。 正直なところ、そろそろリフテンを離れようかと考えていた。 これ以上盗賊ギルドにいる必要もなさそうだ。 ブリニョルフの顔を立てて、メイビンの話を聞いて終わりとしよう。 メイビン・ブラックブライアはビーア…
Skyrim~大蛇の石碑で氷の生霊を倒す(Midir編) Skyrim

Skyrim~大蛇の石碑で氷の生霊を倒す(Midir編)

100Gと食事のお礼にと、ソフィは持っていた籠から小さな花を取り出した。 いらないとも言えずMidirは黙って受け取る。 ソフィ:おにいさん、ありがとう。お礼・・・これしかないけど Midir:おう ソフィ:私そろそろ帰るね Midir:ん。またな 礼儀正しく頭を下げ、ソフィは寝る場所へと帰って行っ…
Skyrim~ストームクローク入隊を考える(Midir編) Skyrim

Skyrim~ストームクローク入隊を考える(Midir編)

ウィンドヘルムに足を踏み入れた途端、2人の男が1人のダークエルフに向かって嘲りの声を上げているのが聞こえてきた。 なんだあれ、感じ悪りぃな。 Midirが少し遠巻きに見ていると、男たちは足元に唾を吐き捨て下卑た笑い声をあげて立ち去って行った。 怒りで肩を震わせ、男たちの背中を睨みつけているダークエル…
Skyrim~Diyaab ゴールデングロウ農園で蜂の巣を焼く Skyrim

Skyrim~Diyaab ゴールデングロウ農園で蜂の巣を焼く

俺を矯めつ眇めつしていたメルセル・フレイが口を開いた。 盗賊ギルドの大切なお客様(要はパトロンだ)であるメイビン・ブラックブライアが経営するブラックブライアの蜂蜜酒。 その原料である蜂蜜を供給している農園が、最近ギルドへの上納金の支払いを滞らせている。 怪しい動きも見られるため調査して、場合によって…
Skyrim~Diyaab 借金を取り立てる Skyrim

Skyrim~Diyaab 借金を取り立てる

Midirがウィンドヘルムの重い扉を押し開けたその頃、Diyaabはラットウェイと呼ばれる地下道を通って、盗賊ギルドの本拠地ラグド・フラゴンとやらへと向かうところだった。 入ってすぐのところにいた無法者どもを倒し、先に進む。 こんな場所だ。後ろ暗い輩が潜んでいるんだろう。 ところどころで遭遇するスキ…
Skyrim~ウィンドヘルムにたどり着く(Midir編) Skyrim

Skyrim~ウィンドヘルムにたどり着く(Midir編)

宿屋「ナイトゲート」にたどり着いた。 一休みさせてもらおうか。 中に入ると、しょぼくれた親父が一人で酒を飲んでいた。それ以外は誰もいない。 と、いうか。こんな場所で儲かるんだろうか。 ハドリング:ナイトゲートへようこそ、お若いの。 Midir:よお、なんか食べ物ある? ハドリング:そうだな、パンとエ…
Skyrim~シルバードリフトの隠れ家で寄り道(Midir編) Skyrim

Skyrim~シルバードリフトの隠れ家で寄り道(Midir編)

シルバードリフトの隠れ家で食事と休憩を済ませたMidir。 山賊がいるってことは、何かしらお宝でもあるんだろう。 ちょっと中を覗いてみるか。 あちこちに死体と血飛沫があるのが気にはなるけど・・・。 金目の物を探して遺跡の奥へと進む。 ドラウグルと山賊の死体がごろごろ転がってる。 ドラウグルを倒しつつ…
Skyrim~ウィンドヘルムを目指す(Midir編) Skyrim

Skyrim~ウィンドヘルムを目指す(Midir編)

Diyaabが朝早くホワイトランを出発したその日、Midirが起きてきたのはすっかりと日が高くなってからの事だった。 宿屋の女将フルダがさっさと朝ご飯食べてしまいなさい!と起こしに来たのだ。 フルダ:ほら、いい加減起きなさいよ!いつまで寝てる気なの!? Midir:うーん、あと5分・・・ フルダ:こ…
Skyrim~Diyaab お膳立てをする Skyrim

Skyrim~Diyaab お膳立てをする

近づいてきた男は、持っている金はまともな手段で稼いだものじゃないだろうと言い放つとニヤリと笑った。 なんだ、こいつは。 絡んで喧嘩をふっかける・・・という訳でもなさそうだ。 面白そうに俺を見ると、仕事を手伝わないかと言い出した。金になるぞとブリニョルフと名乗る男は言う。 無言を同意と捉えたのか、広場…
Skyrim~Diyaab~リフテンにたどり着く Skyrim

Skyrim~Diyaab~リフテンにたどり着く

イヴァルステッドを早めに出立する。 宿屋の親父がハイ・フロスガーへの巡礼の話や西にある呪われた墓地の話を聞かせてくれた。 まぁ、興味はないが。 鶏の鳴き声だけが聞こえてくる朝靄の中、リフテンへと向かうことにする。 途中、遺跡のようなものを見かけた。 屯している山賊にLadyが反応して、襲い掛かってい…
Skyrim~Diyaab 南周りでリフテンへ Skyrim

Skyrim~Diyaab 南周りでリフテンへ

同じ宿屋にヘルゲンで見かけたトサカ頭(Midirのこと)がいることに気づき、Diyaabは予定を前倒しして早朝に出発することにした。 トサカ頭と会話こそしてはいないが、顔を覚えられていたら面倒だ。 町が動き出す前にホワイトランを出る。 地図を見て、どのルートでリフテンへ行くか考える。 大きな街道は避…