Skyrim~Diyaab 素晴らしき哉 常闇の父よ

ナジルはというと、燃え尽きた聖域を途方にくれたように見つめていた。
バベットは何か残っていないかと探しに行っているようだ。

ナジルに夜母からの話を聞かせる。
アマウンド・モティエールの契約がまだ続いていることにも驚いていた。
だが、どうやって片付けると言うんだ?何も残っていないじゃないか。

ナジルにしては珍しく泣き言を言う。
俺はな、やられっぱなしは嫌いなんだ。わかるか?
そう言う俺にナジルは一瞬驚き、そして笑った。

よし。すべてお前に任せよう。
この場所はもう駄目だから、ドーンスターの聖域に移るとする。後は任せておけとナジルが請け負う。



ホワイトランのバナード・メアに来た。
炉端に見覚えのある男が座っていた。アマウンド・モティエールの警備の男だ。

すっかり寛いでいる男の後ろに立つ。
気配に気づき、ちらと後ろを見ると手にしていたパンを床に落とす。
どうした?死んだ男に会ったように驚いているじゃないか。

動揺を隠しつつ、落としたパンを拾い上げる。
騒ぎ立てないところは、流石と言うべきか。

男は一瞬で事態を把握したようだ。アマウンド・モティエールは奥の部屋にいると教えてくれた。

ゆらりと部屋に入ってきた男が誰なのか、一瞬アマウンド・モティエールはわからなかったようだ。
黙ったまま見下ろしていると、どんどん顔色が青ざめていく。

あれこれと喚きたてるのを手で制し、皇帝の真の居場所を教える様に迫る。
アマウンド・モティエールは契約を続ける気があることに驚き、そして喜んだ。
ソリチュードの入り江にカタリナ号という船が停泊していて、そこに皇帝がいると言う。

船か。
陸側からは面倒なことがありそうだ。海側から侵入するといいとアマウンド・モティエール。

よし、始末してくるとしよう。

確かにソリチュードの入り江に大きな船が停泊している。あれか。
日中に海から侵入するのは目立ちすぎる。夜になるのを待とう。

日が落ち、月が上ったことを確認してカタリナ号へ向かう。
冷たい水が体力を奪う。とっとと潜入しよう。

今回は皇帝だけを殺すのではなく、皆殺しにつもりで乗り込んだ。
殺された闇の一党の面子に捧げようじゃないか、お前らの魂を。

船に乗り込み、敵を見つけ次第排除していく。・・・皇帝はどこだ。

船内の敵を倒し、甲板に出ると夜が明けつつあった。
完全に朝になる前に皇帝を片付けてしまい所だ。


※危うくマスターキーを持ってるキャラが埋まるところでした・・・

カタリナ号のマスターキーを持っている奴がいた。そろそろ近いという事だな。
警戒しながら先へと進む。

・・・ここか。


※ここで皇帝の話を聞く選択もあり。Diyaabは問答無用で・・・

皇帝は部屋に一人でいた。
周りを窺うが、護衛はいなようだ。また・・・罠なのか?

だがマロ指揮官の件、闇の一党の話。今度こそ本物なんだな。
話を続ける皇帝に遠慮なく弓矢で一撃。

満足そうに頷きながら皇帝は息絶えた。



バナード・メアに戻ると、興奮したアマウンド・モティエールが待っていた。
興奮していて、俺が扉を後ろ手で閉めたことにも気づいていないようだ。

俺を褒めちぎり、闇の一党は頼りになると大喜び。
肝心の報酬の話を聞いた後、立ち去ろうとしない俺を不安げに見上げる。

この件は終わりだ。この先、我々は見ず知らずに関係に戻ろうじゃないか。と念を押す。
そうだな。今日はお前にとって一番幸運な日だ。
望みが叶えられて、そして死んでいくのだから。

アマウンド・モティエールを始末して、ドーンスターの聖域に戻るとナジルが待ち構えていた。


※Well? What word of the Emperor? なので「皇帝について何か言うことがあるのか?」かな




拍手頂けると中の人がとても喜びます




にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

Feriz
  • Feriz
  • 実績とか考えないゆるいゲーマー。
    FCから始まり、最近はX-Boxでばかりゲームしてます。
    S.T.A.L.K.E.R.2のために、XBOX SERIES S欲しいなと思う今日この頃。