Skyrim~Diyaab 脆きもの 汝の名は

むっとした熱気と焦げ付く臭い。

生存者を探しながら、奥へと進む。
だが・・・アーンビョルンやガブリエラは、無残な姿となっていた。

他に生存者はいないのか。

襲い掛かってくる帝国兵を返り討ちにしつつ、人の気配を探す。

どこだ。
どこにいる。

炎を避けながら、食堂のあった場所までくると争う声が聞こえてきた。
あれは・・・ナジルか!

見ると、体の大きな帝国兵と戦っている。
階段を駆け上がり、ナジルを援護する。
思ってもいない方向からの攻撃に帝国兵は思わず足を止めた。隙をついて、首を刎ね飛ばす。

振り返り、ナジルの様子を確認する。大きな怪我は無さそうだ。

手を貸し立たせてやると、肩で息をしながら・・・いつものようにニヤリと笑った。

俺が生きていたことを嬉しく思うと言い、後は見ての通りだと首を竦める。
いつものような態度に少し、ほっとした。

ナジルには皇帝暗殺が仕組まれた罠だったと伝える。
この場でアストリッドの事を話すのは得策ではないだろうと思い、詳細は伏せておくことにした。
彼女を問い詰めるのは、この場を逃げ出してからでいい。

と、立ち話はここまでだ。
逃げ出さないとな。

ナジルを先に行かせ、周りを確認していると夜母が語り掛けてきた。
棺に入れという事か・・・?

夜母は全てお見通しということか。
アストリッドは・・・ここにいるのか?どこにいたんだ?
そんなことをあれこれ考えている俺に、夜母が瞼を閉じて休みなさいと言う。

疲れがどっと襲ってきた。



がたん、という振動で目が覚めた。
・・・どうやら助かったようだ。

棺から抜け出し、息を整える。
見ればバベットもいるじゃないか。そうか、ナジルとバベットは生き残ったのか。
心配そうに俺を見つめる。

さて・・・今回の騒動の後始末をしなければな。
ナジルにアストリッドが聖域にいるらしいことを伝える。

聖域は殆どが焼け落ちてしまっている。一体どこにアストリッドはいるんだ?

余りの惨状にバベットが泣きそうな声を出す。
ここはもう使えまい。どこか新しい場所を・・・。

以前、アストリッドが使っていた寝室の奥に続く穴を見つけた。ここは・・・?

アストリッド。あんたは一体何をしたんだ。

虫の息のアストリッド。俺の姿に気づき、かすれた声で今回の顛末を話し出した。
自分自身を贄として黒き聖餐を行ったこと。
シセロや夜母や俺が現れる前の闇の一党に戻りたかった。自分なら闇の一党を救えると思っていた。
そのために俺をマロに売り渡したが、結果として自分も裏切られてしまった・・・。道を誤ったわ・・・。

馬鹿野郎が。
俺の表情に気づいたのか、いないのか。
なんとか手を動かし、短剣を指さす。

ナジルにバベットと共に後ろを向くように指示する。
俺の意図に気づいたナジルが、バベットの背を押し向こうを向かせた。

アストリッド。
あんたは、大馬鹿だ。
死ぬ以外の選択だってあったろう。俺を追い出せばよかっただろう。

彼女の短剣を手に取り、望みを叶えてやる。
ありがとう、と声にならない呟きが聞こえたような気がした。



疲れた体をおして、夜母の元へ戻る。

アストリッドの事を責めることもなく、慰めを見いだせれば良いのだがと言う夜母。
・・・そうだな。シシスと共に在らんことを。

続いて夜母は皇帝暗殺の話をし出した。
アマウンド・モティエール。皇帝の真の居場所だと・・・?
あの男も、闇の一党に一杯食わせたということか?

ホワイトランにいるらしい。
そうか。借りはきっちりと返さないとな。

ナジルと今後の話もしなければ。




拍手頂けると中の人がとても喜びます




にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

Feriz
  • Feriz
  • 実績とか考えないゆるいゲーマー。
    FCから始まり、最近はX-Boxでばかり遊んでる。
    ESO(The Elder Scrolls Online)に最近はハマっていて、タムリエルを走り回っています。面白いよ!
    基本的にソロプレイ。