ノルドMidir編

Skyrim~ただいま!(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~ただいま!(Midir編)

セラーナ:で・・・貴方は一体どちらへ行かれるおつもり? Midir:ドーンガード砦に戻る前に、ちょっと俺に付き合えよ セラーナ:構いませんけど・・・ Midirはまずホワイトランへと行くと言う。 まだ訪れたことがないセラーナは少し嬉しそうだ。 ソリチュードほどではないが、大きな城が目印の活気ある町だ…
Skyrim~決戦!ヴォルキハル城(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~決戦!ヴォルキハル城(Midir編)

アーリエルの弓を手に、ドーンガード砦へと戻るMidirとセラーナ。 弓を見たらイスランたまげるなと言うと、セラーナは皮肉な笑いを浮かべた。 砦の広間でイスランがイライラしながら2人を待ち構えていた。 イスラン:お前たち、いったいどこまで行っていたんだ Midir:あー、わりぃわりぃ セラーナ:貴方た…
Skyrim~アーリエルの弓を求めて・後編(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~アーリエルの弓を求めて・後編(Midir編)

Midir:あといくつ祠廻ればいいんだ? セラーナ:今で3か所を廻りましたから・・・あと2か所ですわね Midir:あと2つか。一気に片付けようぜ ※近くに言葉の壁あり。Midirはドヴァとして生きていないので、取得はしていません 祠を探して坂を上る。 あれでは、とセラーナが指を指す。 アーリエルの…
Skyrim~アーリエルの弓を求めて・中編(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~アーリエルの弓を求めて・中編(Midir編)

祠を抜けた先は洞窟だった。 セラーナが、ほっと溜息をついた。 Midir:どうした? セラーナ:いえ・・・ここは不思議な場所ですわね Midir:俺にはよくわかんねぇけど セラーナ:なんというのでしょうね・・・。前より体が温かく感じますわ 暗い洞窟の中、襲い掛かってくるファルメルたちを倒しながら進む…
Skyrim~アーリエルの弓を求めて・前編(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~アーリエルの弓を求めて・前編(Midir編)

セラーナ:それで、アーリエルの弓はどこで見つかりますの? Midir:ちょっと待ってくれ・・・頭がまだぐるぐるしてる感じだ セラーナ:(デキソンは目が見えなくなったというのに、この人ときたら・・・) Midir:なんかな・・・深くて暗い洞窟みてぇとこの、更に奥。んで、不思議な建物があった気がする M…
Skyrim~星霜の書を読むために(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~星霜の書を読むために(Midir編)

セプティマスの洞窟を出たところで、珍しくMidirが舌打ちをした。 イライラしているのが見て取れる。 セラーナ:珍しいですわね、貴方がそんなにイライラしているの Midir:くそっ。胸糞わりぃな セラーナ:・・・ハラメアス・モラが言ってたことかしら? 顔を背け、Midirはセラーナの先を歩いていく。…
Skyrim~深淵からの声(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~深淵からの声(Midir編)

出口いっぱいに広がる黒いもの。触手が畝っている。 Midir:・・・なぁ セラーナ:どうかしまして? Midir:なんか、やな感じのうねうねしたのが見えるんだけど セラーナ:あら、奇遇ですわね。わたくしもですわ ここからの出口は一か所だけ。 招くように触手を動かすそれを見つめながら近寄るMidir。…
Skyrim~ブラックリーチにて(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~ブラックリーチにて(Midir編)

アルフスタンドからの階段を降り、大きな扉を押し開けると不思議な空間が広がっていた。 青白い光を放つ・・・きのこ?あれは一体なんだ?? セラーナ:こんな場所があったのですわね Midir:・・・俺、湿っぽいの嫌い セラーナ:なにか、仰いまして? Midir:いや、なんでもねぇよ 家のようなものが見える…
Skyrim~掘れよ ドゥーマー!(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~掘れよ ドゥーマー!(Midir編)

セプティマスの隠れ家を後にし、地図を確認しながらアルフスタンドを目指す。 それにしても、なんというか。変わったじーさんだったな。 Midir:あのじーさん、変わってたな。言ってることがよくわかんねー セラーナ:そうですわね。魔術師には変わり者が多いとは聞きますけれど Midir:難しいこと考えすぎる…
Skyrim~もう一つの星霜の書(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~もう一つの星霜の書(Midir編)

吸血症を無事治療し、ウィンターホールドへと向かうMidir。 セラーナと旅するようになり魔法が身近になったとはいえ、一般的なノルド以上に魔法について知識を持っているわけではない。 興味も然程ないMidirにとってウィンターホールドは、ただただ雪深い寒村でしかなかった。 なんだって、こんなところにある…
Skyrim~夜明けの目覚め(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~夜明けの目覚め(Midir編)

ソウル・ケルンから無事ヴォルキハル城へと戻ってきた2人。 Midirは不意に喉の渇きを覚えた。 しかもいつもよりも強烈な渇き。 喉がイガイガするような気がして、思わず咳ばらいをする。 Midirの様子に気が付いたセラーナが声をかけてきた。 セラーナ:どうかなさいまして? Midir:んー・・・なんか…
Skyrim~ソウル・ケルンでヴァレリカを探す(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~ソウル・ケルンでヴァレリカを探す(Midir編)

重く暗い雰囲気のソウル・ケルン。 青白い魂のようなものが飛び回っているのが見える。 吸血鬼になっているので、目が赤いMidir さてと、セラーナの母ヴァレリカの行方を追わなくては。 それにしても・・・なんなんだろうな、この場所。 周りを見渡すMidirにセラーナが声をかける。 セラーナ:どうかしまし…