ノルドMidir編

Skyrim~ソウル・ケルンへ(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~ソウル・ケルンへ(Midir編)

右には火の着いたろうそく、左側は・・・火が消えている。 暖炉や置いてある薪の隙間からは冷たい風が。 Midir:怪しいよな セラーナ:そうですわね。ここに隠し扉がありそうですわ Midir:押せばいいか?・・・動かねぇな セラーナ:火が付いていないろうそくが怪しいのではありません? セラーナはそうい…
Skyrim~ヴォルキハル城の中庭で(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~ヴォルキハル城の中庭で(Midir編)

対岸からヴォルキハル城を眺める。 Midir:で。どうすんだ?正面からは入れなさそうなんだろ? セラーナ:そうですわね。正面の門は固く閉ざされていますわ Midir:こんなでっけぇ城なら、秘密の通路の一つや二つありそうだけどな セラーナ:お待ちになって・・・。そうですわ、通路がございますわ! セラー…
Skyrim~新たな戦力(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~新たな戦力(Midir編)

ドーンガード砦に戻ると、デキソンとイスランはすでに対峙していた。 あれこれとイスランがデキソンに質問をなげかけている。 Midirとセラーナに気づくと、珍しくイスランが少しだけ微笑んだ。 イスラン:思っていたよりも早く聖蚕の僧侶に辿り着いたな Midir:おうよ デキソン・エヴィカス::やあ、きみた…
Skyrim~聖蚕の僧侶を追え!(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~聖蚕の僧侶を追え!(Midir編)

セラーナの父、ハルコン卿が信じる吸血鬼が太陽を恐れずにいることができるようになるという予言。 その予言が書かれた星霜の書を読むためには聖蚕の僧侶の力が必要・・・。 スカイリムに僧侶が来ているという噂の真実を確かめなければ。 セラーナ:さ、探しに行きますわよ Midir:え?お前と一緒に行くのか? セ…
Skyrim~知己を探して(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~知己を探して(Midir編)

まずはリフテンとイヴァルステッドの間あたりにいるらしいガンマーを探す。 野生動物との関わり合いに意義を見出すって、どういうことなんだろうかとMidirは首を捻る。 まぁ、いいか。手を貸してくれるんなら、なんだっていいや。 それにしても、この辺は熊や狼がよく出るな。 片付けながらガンマーを探すことにし…
Skyrim~闇の血族(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~闇の血族(Midir編)

ともかく。 まずはセラーナを連れて、ディムホロウ墓地から出なくては。 そう思い先へ進むと、石像が急に動き出した。 セラーナ:ガーゴイルですわ! Midir:がーごいる? セラーナ:石像に化けているんですの。攻撃がなかなか効かないから、気を付けて あっという間に、セラーナが片付けて行く。 なんだ、こい…
Skyrim~風立ちて(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~風立ちて(Midir編)

イスランが付けてくれた印を頼りに、地図を見ながらディムホロウ墓地を目指す。 それにしても。 イスランて奴はおっかねぇな。コドラクとは大違いだ。 でも・・・アグミルにちゃんとクロスボウの使い方教えてたし、なんなんだろうな。 とりあえず、着てみたいと思っていたドーンガードの鎧に手を通すことができたのでM…
Skyrim~吸血鬼ハンター(Midir編) DLC Dawnguard

Skyrim~吸血鬼ハンター(Midir編)

ドーンガード砦はリフテンから更に山奥にあるようだ。 熊や狼を倒しながら、先へと進んでいく。 山道に入っていくと、途方に暮れたようにウロウロしている男が見えた。 あいつ、なにやってんだ? 男は近づいてきたMidirを見て、ほっとした表情を浮かべた。 ???:やあ、あんた!あんたもドーンガードに入るのか…
Skyrim~Home Sweet Home(Midir編) Skyrim

Skyrim~Home Sweet Home(Midir編)

アエラはその辺をぶらぶら見てからジョルバスクルに戻ると言う。 後姿を見送り、Midirは自分のビーストブラッドもコドラクと同じ方法で癒すことにした。 ・・・ぐっすり眠ることができないのが、もう限界だった。 アエラは怒るかもしれねーけど、まぁいいや。 持っていたグレンモリルの魔女の頭を火にくべて、己の…
Skyrim~イスグラモルの墓へ(Midir編) Skyrim

Skyrim~イスグラモルの墓へ(Midir編)

目を赤くして戻ってきたMidirを横目でちらりとみたエオルンド・グレイメーンは、ウースラドの欠片を受け取ると皆アンダーフォージで待っているぞと呟いて再び作業に没頭しだした。 うん、ともごもごと言いMidirはその場を離れる。 アンダーフォージに行くと、ファルカス・ヴィルカス・アエラの3人がコドラクの…
Skyrim~弔いと祈りと(Midir編) Skyrim

Skyrim~弔いと祈りと(Midir編)

コドラクの傍で力なく座り込むファルカスには声をかけることができなかった。 ンジャタがMidirを見上げ、怒りに燃えた目で見つめる。 絶対に仇を取ってきてくれ。その目はそう言っていた。 Midirも無言で頷き返す。 ホワイトランを出て、北へ北へ。 砦の周りにいる見張りどもをまずは片づける。 シルバーハ…
Skyrim~The Witches of Glenmoril(Midir編) Skyrim

Skyrim~The Witches of Glenmoril(Midir編)

ジョルバスクルを出たところでエリクが声をかけてきた。 エリク:ねえ、Midir。さっき話してた人は誰なんだい? Midir:コドラクのことか?同胞団の一番偉いやつだな エリク:へえ・・・なんか、想像してた人と違ったかな Midir:どんなやつだと思ってたんだ? エリク:同胞団て色んな厄介事を片付けて…