Skyrim~Mian 再びラビリンシアンへ

久々にベッドでゆっくりと眠った。

気付けばオンマンドとジェイ・ザルゴは自室へ戻ったようで、見当たらない。
独りきりになるもの、そういえば久しぶりだ。

父親への手紙を書き終えると、鞄の中身を整理することにした。
木の仮面、そしてラビリンシアンで倒した敵(モロケイ)から入手したもう一つの仮面。
これは一体なんなんだ。

ウラッグに聞いてみようと、仮面を手にアルケイナエウムへと向かう。
アークメイジ居住区を出たところで、オンマンドとジェイ・ザルゴがやってきたので一緒にウラッグに話を聞きに行く。

Mian:ウラッグ
ウラッグ:ああ、久しぶりの3人組だ
ジェイ・ザルゴ:なぁなぁ、この仮面のこと何か知ってるか?
ウラッグ:仮面?なんだこれは
オンマンド:ラビリンシアンで見つけたんだ

うーむ、と唸るウラッグ。
仮面を色々な角度から眺め、悩み、1冊の本をMianに手渡してきた。

「小さな迷宮 シャリドール&ラビリンシアン」

この本が本当ならば、竜教団とやらの遺物かもしれないなとウラッグは言う。

本を捲ると迷宮の図が描かれている。
ラビリンシアンで、こんな迷宮には遭遇しなかったがなとMianは思う。

そういえば、探索を後回しにした扉があったなと思い当たる。
あそこがシャリドールの迷宮なんだろうか。
ジェイ・ザルゴも思い出したようで、行ってない場所があったよなと言う。

ジェイ・ザルゴ:なんか扉があったよな?
Mian:ああ、後回しにした場所があった
オンマンド:あそこがシャリドールの迷宮?
Mian:行ってみるか

ウラッグが、シャリドールに関する遺物や本があったら必ず持ち帰ってこいと念を押す。



扉を押し開け、遺跡の中へ入る。
・・・見る限り、どこにでもあるノルドの遺跡といった印象だ。

ドラウグルを倒し

ドラウグルを吹っ飛ばし・・・

オンマンド:これが迷宮?
Mian:どうも違うようだな
ジェイ・ザルゴ:行き止まりだぞ?元に戻るか?
Mian:いや、待て。この穴を降りてみたら、もしかすると・・・

見れば、地下へと続く穴がぽっかりと開いている。
この先に迷宮があるのだろうか。

下の様子を窺うオンマンドとMianを余所にジェイ・ザルゴは真っ先に穴へ飛び込んでいった。
慌てて追いかける2人。

道なりに進んでみるが、地下も先ほどと然程様子は変わらない。

現れたドラウグルを倒し、先へ進むと・・・あっという間に出口の扉に辿り着いてしまった。


ジェイ・ザルゴ:カジートはつまらないぞ!
Mian:思ってた感じとは・・・まるで違ったな
オンマンド:都市伝説みたいなものなのかな?
ジェイ・ザルゴ:・・・なぁ!あんなところに扉がある!

ジェイ・ザルゴが石壁に隠れていた扉に気づいた。




↓ 一押しいただけると中の人が大喜びします!※別窓開きます




にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

Feriz
  • Feriz
  • 実績とか考えないゆるいゲーマー。
    FCから始まり、最近はX-Boxでばかりゲームしてます。
    S.T.A.L.K.E.R.2のために、XBOX SERIES S欲しいなと思う今日この頃。