Skyrim~Mian シャリドールの迷宮

扉を押し開け、中に入る。

思っていたより広い空間だ。ここが・・・シャリドールの迷宮だろうか。

またドラウグルが出てくるかと警戒しながら進んでみるが、敵の気配は感じられない。
死体が倒れこんでいる場所まで近づくと、床から魔法の杖が浮き上がってきた。

Mian:なんだ・・・これは?
オンマンド:灯明の杖に、嫌悪の杖?なんでこんな場所に
ジェイ・ザルゴ:なぁ、この死体何か握ってるぞ


※どうやら魂石とメモを握っているらしいのですが、私の環境ではメモなし・・・

この死体は、いったいどこからやってきたんだ?
炎に焼かれるような罠は、辺りにはないようだが・・・。

階段があるので、上から全体を眺めてみようとオンマンドが言う。

この形は・・・。
ウラッグから渡された「シャリドールの迷宮」を鞄から取り出す。
本に載っている図と同じ形をした迷宮が目の前に広がっている。

ここが、シャリドールの迷宮か。

3人で頭を寄せ合い本の内容を確認する。
“入るのは2度 - 出るのは1度きり
変性は
破壊へと導くだろう
幻惑のみが回復への
道を示す
召喚するのではなく
召喚されろ”

魔法を使うタイミングを指しているのか?
そんなことを考えていると、ジェイ・ザルゴがはやく迷宮に入ろうとせっつく。

どれ・・・行くとするか。

少し先に進むと、変性の魔法のマークが描かれた石板がある。
これは変性の魔法をぶつければいいのだろうか?

手持ちの魔法で、変性の魔法は・・・灯明があるな。
灯りを灯し、石板へぶつけると通路を塞いでいた柵が消えて、先へと進むことができるようになった。

うろちょろと走り回るネズミを倒しながら、進んで行くと今度は破壊魔法の石板だ。

アイススパイクを撃つと、地下に通じる穴が現れた。

どうやら飛び込むしかなさそうだ。

ジェイ・ザルゴ:ぐるぐる回ってばかりだぞ!
Mian:ここから地下に降りるようだ。行くぞ
オンマンド:こら!ジェイ・ザルゴ押すな!!


睨みあう2人

やれやれと溜息をついてMianは先へ進む。

階段を上がると、迷宮の横に出た。
これで終わりか・・・?

迷宮に入る前に確認した本の内容を思い出す。
“入るのは2度 - 出るのは1度きり”
そうだ。もう1度入る必要がある。そして・・・まだ幻惑と回復の魔法が出てきていない。

ぐるりと回り込むと、もう一つの入り口が見えた。

またぐるぐる回るのか?とジェイ・ザルゴが不満そうな声を上げる。

Mian:もう一度迷宮に入る必要があるんだ
オンマンド:本に書いてあったな、そういえば
ジェイ・ザルゴ:今度こそ何か見つかるのか?


幻惑に・・・


回復の魔法だ

破壊魔法を撃ちこんだ時と同じように、床に穴がぽかりと出現した。

なにかあるぞ・・・。

オンマンド:これは・・・
Mian:どこへ繋がっているんだ?
ジェイ・ザルゴ:召喚するのではなく、召喚されろ!だ
Mian:行くしかないか

3人で勢いよく、召喚の試練へと飛び込む。

暗がりの中から、声が聞こえてきた。
姿が見えず、なかなか攻撃が当たらない。

それでも何とか3人で攻撃を続けると、急に迷宮の外へと飛ばされる。

姿を現したのはドレモラだった。
炎や氷の精霊を召喚して、攻撃を仕掛けてくる。


炎の精霊を倒し・・・

ジェイ・ザルゴが放った雷撃がドレモラを倒した。
歓声をあげるジェイ・ザルゴ。

ジェイ・ザルゴ:やった!ジェイ・ザルゴが倒したぞ!オンマンド見てたか?
オンマンド:はいはい・・・
Mian:(なんだかんだ言ってもジェイ・ザルゴはオンマンドが好きだな)

足元に倒れているドレモラから「学者の王冠」なるものを拾い上げる。

ジェイ・ザルゴ:心臓も土産にするか?
Mian:いや、それはいらないだろ
オンマンド:本とかは見つからなかったな

シャリドールに関連した本やアイテムは見つからなかったが、これをウラッグへの土産としよう。




↓ 一押しいただけると中の人が大喜びします!※別窓開きます




にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

Feriz
  • Feriz
  • 実績とか考えないゆるいゲーマー。
    FCから始まり、最近はX-Boxでばかりゲームしてます。
    S.T.A.L.K.E.R.2のために、XBOX SERIES S欲しいなと思う今日この頃。