Fallout4~コンバットゾーンへ

「ブルー。本当にコンバットゾーンに行くの?」
「うーん。誰かに何かを聞いたメモだと思うんだけど、なんだったか忘れた。でも一応行ってみる。」
「あそこはレイダー達がわんさかいるロクでもないとこだよ・・・。」

苦虫を噛み潰したような顔をしたが、パイパーは仕方がないねと一緒についてきてくれた。

レイダーに絡まれたり、スーパーミュータントをぶちのめしたりしながらコンバットゾーンを目指す。

コンバットゾーン前にいたレイダーを始末する。
パイパーの不機嫌さは直らない・・・。


中に入ると檻に収監されているレイダーが目に飛び込んできた。


George:なになに・・・ルールを破ったらこうなる・・・?

※Georgeはグリーンのシャツとコンバットブーツ&トルビー帽に着替えました

「なにこれ、檻の外で喧嘩するな?キャップがないなら来るな、むやみに強請るな?ここのルール?」
「トミーのルールって書いてある。ここの支配人かなにかか?」
パイパーは鼻で笑った。

とにかく中に入ってみるか。

檻の中で戦っているのが見える。
観客はどうやらレイダーのようだ。

こちらに気づくとレイダー達は一斉に攻撃してきた。
支配人?のトミーと檻の中で戦っていた人はどこかに身を隠したようなので、ひとまずレイダーを始末することに集中しよう。

レイダたちを片付けて、檻に近づくとトミーが話しかけてきた。
「もう終わったか?まぁ、これくらいで済んでよかったかも」

「ここは一体なんなんだ?」
「お前、この辺の出身じゃないのか?ここはコンバットゾーン。連邦で一番のアリーナだ」
「アリーナ?さっき戦っていたようだが、この人か?」
「そうだ。ここにいるケイトはアリーナの花形スターだ。100戦以上不敗だ。」

傍らで話を聞いていたパイパーがふんと鼻を鳴らした。
それに気づいたケイトがパイパーを睨みつけた。

「さて。お前さんがうちの客どもを殺してくれたおかげで、こっちは商売あがったりだ」
「ちょっと、トミー!あいつらがなんだっていうんだよ。また別な客がくるよ。」
「それまでお前の面倒をみろっていうのか?」

「お前、試合を見ただろう?ケイトの戦いぶりをどう思った?」
「なぜ?」
「しばらく休もうと思ってな。そうなるとケイトは邪魔なんだよ。お前のおかげで無職になったんだ、こいつを連れていけ」
「ちょっとトミー!あたしは嫌だよ!」
「だまれ、ケイト。お前をここに置いておくわけには行かないんだ。さぁ、連れて行ってくれるのか?」

「トミー!」
「ここで薬漬けになる日々はもう終わりだよ、ケイト。」
「わかった。」
「ブルー!?」
「ただ、今は無理だ。用事を済ませたら必ず迎えにくる。」
「・・・。そうか、わかった。お前を信じることにしよう。しばらくの間、俺とケイトはここで休養だ。」

トミーとケイトに別れを告げて、コンバットゾーンを後にした。



Feriz
  • Feriz
  • 実績とか考えないゆるいゲーマー。
    FCから始まり、最近はX-Boxでばかり遊んでる。
    ESO(The Elder Scrolls Online)に最近はハマっていて、タムリエルを走り回っています。面白いよ!
    基本的にソロプレイ。