Arkane Anniversary Collection

じつは「Arkane Anniversary Collection」を購入した訳でなく、元々「Dishonored」の3作品パックを買っていて、最近「Prey」も購入したので、「Arkane Anniversary Collection」を購入した風になっておりますw

含まれる作品は・・・以下の4点

  • 『Dishonored HD』(ゲーム本編および全追加コンテンツを収録)
  • 『Dishonored 2』
  • 『Dishonored: Death of the Outsider』
  • 『Prey』
  • と、いう訳で『Dishonored HD』と『Prey』を紹介していきたいと思います。
    どちらもFPSなので、1人称視点で固定されています。故に酔う・・・。



    Dishonored
    キャッチコピー ”REVENGE SOLVES EVERYTHING”

    PC(Player Character)は女王の護衛官コルヴォ。
    謎の疫病が流行っていて、その解決方法がないか国外に助けを求めに行って戻ってきたところ。

    コルヴォご尊顔。
    難易度はイージーです。いや、ほんと難しいんですって・・・。

    敵を殺した数によって、エンディングや他諸々に影響がでるので・・・できれば不殺プレイでいきたいのですが。
    なんせ下手なものでね。

    国外から戻り、女王に報告しに行く途中で女王の娘エミリーにかくれんぼしようと誘われる。


    簡単なチュートリアル(と言っても隠れる・ダッシュだけ)

    かくれんぼが終わると、女王の所に行こう!とエミリーが走り出すので後を追います。

    何やら言い争いが。

    女王ジェサミンに手紙を渡し、疫病をどうすればいいのか・・・と話をしていると

    覆面の人物たちが急に襲い掛かってくるので、軽く戦闘に。

    右手に剣、左手に銃。
    3人くらいと戦って、倒した!と思っていたら・・・

    何やら不思議な力を使われて、身動きが取れなくなってしまいます。

    目の前で女王を殺され、エミリーは連れ去られてしまう。

    騒ぎを聞きつけ駆け付けたバローズ摂政伯爵や衛兵たち。
    女王を暗殺するとは!!と責め立て、コルヴォを捕らえる。

    目が覚めると拷問室。
    そこで今回の事件の犯人に仕立て上げられ、死刑を待つ身であることを知ります。


    坊主2人組

    このまま死刑になるしかないのか・・・?

    独房に戻されたところで、看守が食事を持ってきました。「友人」からの差し入れだ、と言って。
    友人?とりあえずパンでも食べますかね。

    床に置かれたパンを取ると、その下には手紙が。さらには鍵まで。

    何者?
    これも罠でしょうかね?・・・でも、このまま死刑になるくらいなら脱走を試みるのも悪くはありません。

    鍵を使って檻を開け、そっと独房から出てみます。
    周りには誰もいない。見張り立ってなくていいのかね。

    ステルス状態で、そっと武器のある場所まで進みます。

    よし、ここから抜け出すぞ!

    第一関門は、ここ。
    見張り達がいる部屋です。
    会話の後、しばらく見ていると巡回したり背を向けたりするタイミングがあるので、その隙をついて移動開始!

    と、まぁ序盤はこんな感じです。
    ステルスしている時は、自分も一緒に息を止めたりして息苦しいw
    後ろから近寄って気絶させることも可能なので、頑張って不殺プレイ目指します!




    Prey
    続いて、Preyの紹介。

    主人公の性別は選択可能ですが、容姿の変更はできません。
    まぁ、こちらもFPSなので自分の姿を見ることはないんですけどね・・・。

    目覚ましが鳴って、目を覚ますところからスタート。

    アレックス・ユウ(兄なのかな?)からコールがあり、スーツを身に着けてヘリで出勤しろと指示を受けます。

    部屋の外に出ると、建物の整備をしている人が。
    他にも部屋がありますが、ドアを開けることはできません。

    屋上へ行き、ヘリに乗り込んでトランスター社へ。

    待ち受けていたアレックス・ユウと会話して、テストを開始します。

    何の意味があるか、よくわからんテストだ・・・。
    箱を投げたり、障害物を乗り越えたり、隠れたり。

    最後に画面を見ながら、質問に答えていると外にいた研究員が黒い物体に襲われた!

    緊急事態だ!ということで、何やら薬?が部屋に充満して・・・気を失います。

    再び目覚まし時計の声。

    ・・・?最初の場面で見た日時と同じ?
    まさかタイムループものなのか・・・?と思っていると、音楽が急に不穏なものに変わります。
    音楽の使い方が上手い!一気に緊張感が高まる。

    一見見た目の変化はなさそうなんだけど、スーツを着て部屋のドアを開けると廊下が暗い。

    建物の整備をしていた人が死体になっています。
    傍に落ちていたレンチとライトを貰って行くことにしよう。

    ジャニュアリーと名乗る人物から通信が入ります。
    兎に角ここを脱出せよと言う。でも廊下からは外に出られそうもありません。


    ここかーー!

    外に出ると、そこはどこかの施設。
    どういうこと?

    まずはジャニュアリーに導かれるまま、先に進むとしましょう。

    レンチ1本で戦うのは、本当に心許ない・・・。
    進んでいくとレンチ以外の武器も手に入るのですが、レンチで過ごす期間は結構長め。

    黒い物体は、コップとかゴミ箱などに化けて待ち構えているので、拾おうと近寄ると急に襲い掛かってくるので心臓に悪い。
    それでも、不自然に転がってきたり、化ける瞬間が見えたりするので全くわからない訳ではないんですよね。
    疑心暗鬼になって、全てのものをとりあえず殴る、で進んでいますがw

    徐々に明らかになっていく謎。



    どちらの作品も、息をつめてプレイしているので苦しいのですが・・・楽しい!

    Preyはホラーと紹介されていることもあるのですが、ホラーではないな。
    音楽の使い方とか雰囲気を持って、ホラーと称しているんだろうか???ホラー・・・?

    Dishonoredはスチームパンクぽい雰囲気が良い感じ。
    自由度が高いところも良い。

    どちらの作品も私には難易度高いんだけど、頑張るぞ。




    拍手頂けると中の人がとても喜びます

    にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

    Feriz
    • Feriz
    • 実績とか考えないゆるいゲーマー。
      FCから始まり、最近はX-Boxでばかり遊んでる。
      ESO(The Elder Scrolls Online)に最近はハマっていて、タムリエルを走り回っています。面白いよ!
      基本的にソロプレイ。