Fallout1

Fallout1~Maybe Fallout1

Fallout1~Maybe

Tycho「どうなってんだ、これは。」 さすがのTychoも不快感を隠せない。俺は胃からせり上がってくるものを押しとどめるのに必死だ。 監督官の席に、それはいた。 人でもない、ミュータントとしての形状もしていない。 監督官の席と一体化し、周りのコンピュータにまで何かが伸びている。 あれがMaster…
Fallout1~Giorraíonn beirt bóthar Fallout1

Fallout1~Giorraíonn beirt bóthar

Boneyardを出て南へと向かう。 近づくにつれ、大きな教会のような建物が見えてきた。 教会の前の広場には沢山の人々がうろついている。 人々に交じってアーマーを着た人間までいる。・・・ん?こっちに向かって歩いてくるぞ。 Followers Of Apocalypse「よろしく頼みます!」 アポカリ…
Fallout1~No pain, no gain Boneyard

Fallout1~No pain, no gain

そういや外にいると思っていたB.O.S.のパラディン達はどこへ行ったんだ? 建物の中にはいなかったし、爆発に巻き込まれたわけではないだろう。 Ian「なんか情報掴めた?」 Vesper「ミュータントどもとチルドレン・オブ・カテドラルが結託して、人間を攫ってる。そして実験だ。」 Tycho「なんだって…
Fallout1~It’s Show Time! Fallout1

Fallout1~It’s Show Time!

さてと。ここからどうするか。 このフォースフィールドをなんとかしないと先に進めないのか? あれこれ考えていると、Tychoがフィールドを制御しているコンピュータを見つけるか無理やり通るかだと言う。 無理やり通る・・・ダメージがありそうだ。 足元にいるDogmeatを見ると、命令を出してくれるのかと期…
Fallout1~You ain’t heard nothin’ yet. Fallout1

Fallout1~You ain’t heard nothin’ yet.

マリポーサ軍事基地にミュータントどもが溢れていた情報を手にLost Hillsへと戻る。 Vesper「戻りました。」 Jhon Maxon「君か。で、どうだったかな?」 Vesper「基地を発見しました。ミュータントが・・・うようよいました。」 Tycho「やつらは武装している。」 ハイエルダーM…
Fallout1~Si vis pacem, para bellum B.O.S.

Fallout1~Si vis pacem, para bellum

更に下の階へと降りる。 どうやらこの階はライブラリや工作室なんかがあるらしい。 ミュータントどもについて、何か情報が得られるかもしれない。 マスタークスライブのVree女史に話を聞く。 Ianが目を見張っているのがわかる。おいおい、変なこと口走るなよ。 Vesper「専門的なことをお聞きしたいのです…
Fallout1~Argumentum ad baculum B.O.S.

Fallout1~Argumentum ad baculum

The Glowから戻った俺たちを見るとCabbotは目を見張った。 Cabbot「やあ、戻ってきたか!どうだった?何かあったか?」 Vesper「これを。」 見つけたホロテープを渡す。 Cabbotは慌てて建物の中へと消えて行った。 Ian「入れてくれるかね。」 Tycho「あれだけのことをさせて…
Fallout1~Empathy for the Devil Fallout1

Fallout1~Empathy for the Devil

自らを”Zax”と呼ばれる人工知能と自己紹介したデカイ機械を見つめる。 こいつは・・・なんだ? Vesper「お前は・・・一体なんなんだ?研究と施設を管理しているって?」 Tycho「どんな研究をしていたんだ」…
Fallout1~Knockin’ on heaven’s door Fallout1

Fallout1~Knockin’ on heaven’s door

放射能で満ち溢れたデカイ穴を、ロープを伝って降りていく。 中は薄暗くぼんやりとしていた。 主電源は落ちているが、予備電源でなんとか明るさを確保しているようだ。 目が慣れるまで、身動きせずにじっとしている。 Tycho「ここも・・・Vaultか?」 Vesper「もしくは・・・何かの研究機関か?立派な…
Fallout1~Now or Never B.O.S.

Fallout1~Now or Never

Vault13を出て、洞窟から砂漠を眺める。 不思議だな、Valut13にいた時よりほっとする。 Pip-Boyには俺のやるべきこと(とジャコレンが言っていた)が描き出されている。 "ミュータントの指導者を倒すこと" "ミュータントの発生源を断つこと" 腹立たし気にPip-Boyを眺める俺の表情に気…
Fallout1~Tough nut to crack Fallout1

Fallout1~Tough nut to crack

無事Vault13へ戻ってきた。 今まで廃墟となったVaultしか見てきていないIanとTychoは、初めて人が生活しているVaultを見て目を見張っている。 Ian「なんつーか、すげぇ綺麗だな」 Tycho「そうだな。あちこちぴかぴかだ。」 Ian「でもなぁ。」 Vesper「なんだよ。」 Ian…
Fallout1~Bend over backwards Fallout1

Fallout1~Bend over backwards

光を放つグールは地上のグールと違って言葉を解すようだ。 あーとか、うーとかだけじゃなく人語を話す。 まぁ・・・問答無用で襲ってくることに変わりはないのだが。 グールたちを倒した先に、見慣れた入り口があった。 Tycho「これがVaultか?」 Vesper「・・・なんか変だな。」 Ian「なぁ、入り…