Fallout4 The Way Life Should Be

ヴィム・ポップ工場の中に入ると、すぐにミュータントハウンドやスーパーミュータント達が襲い掛かってきた。

何かを燃やしているのか、焚火の熱で室内はむっとしている。
嫌な臭いまでしやがる。

顔を顰めた俺を見てニックが、とっとと用事を済ませて外に出ようと言う。

※この時点で、「Best Left Forgotten」「Cleansing the Land」「The Way Life Should Be」の3つのクエストが同時進行。

「で、ここには何が隠されているんだ?」
「DiMAの記憶に寄れば・・・秘密の医療機関とかなんとか。」
「医療機関?こんな場所に?」

スーパーミュータント達を倒しながら、それらしい場所を探して歩く。

ターミナルで開錠した扉の向こう側にある階段を降りると、半地下の床に埋められたような跡を見つけた。
これはなんだ・・・?

ニックと顔を見合わせ、近くにあるスコップを使い掘り起こすことにした。

埋められていたのは棺。
中から人骨とロケットペンダントとホロテープ。

「これは一体・・・?」
「なぁ、ニック。嫌な予感しかしないんだが。」
「George、とりあえずホロテープを聞いてみよう。」

かちりとPip-boyにセットすると、怯えた様子の女性の声と・・・DiMAの声が聞こえてきた。

「なんてことだ・・・」

軽い眩暈を覚えた。
DiMAはキャプテン・アヴェリーを人造人間にすり替えていたのだ。
何故こんなことをした。

ニックに肩を叩かれ、我に返る。
見ればドッグミートも心配そうに俺を見上げていた。
「他に何か証拠となる物がないか、探してみよう。」
「・・・そうだな。」

辺りの匂いを嗅いでいたドッグミートが、わん!と吠えた。
奥にまだ部屋があるようだ。

部屋に足を踏み入れると、どこからともなく声が聞こえてきた。
「支援が必要なら、インターコムに近づくように。」
「なんだ?誰かいるのか?」
「私はKYE1.1。単にKYEに変えてしまおうかと考えている。その方が魅力的だからな。」
コンピューターが喋っているのか

ニックが部屋に入ってくると、承認すべきユーザーの特性を有していると言い、更に奥のスペースに入る許可を出した。

「ギリギリセーフとはな。」
「DiMAがやったんだろう。」

奥のスペースは手術室のようだった。
ここで・・・キャプテン・アヴェリーの入れ替えが行われたんだろうか。

深々と溜息をつく俺の手をドッグミートがぺろりと舐める。
「大丈夫だ。ありがとう、ドッグミート。」
「目ぼしい物はないようだ。外に出ようか、George。」


※名前の表記がアレですが、ディッセンバー・チルドレンがあります

風力発電の停止コードと人造人間入れ替えの秘密・・・残りは核発射キーか。

「George、顔色が悪いぞ。」
「そうだな。ちょっと疲れたな。」
「さっさと終わらせて、アカディアへ戻ろう。」


↓ 一押しいただけると中の人が大喜びします!※別窓開きます

Feriz
  • Feriz
  • 実績とか考えないゆるいゲーマー。
    FCから始まり、最近はX-Boxでばかりゲームしてます。
    S.T.A.L.K.E.R.2のために、XBOX SERIES S欲しいなと思う今日この頃。