ダンマー Mian編

Skyrim~Mian ムズルフトでマグナスの杖について調べる Skyrim

Skyrim~Mian ムズルフトでマグナスの杖について調べる

ミラベル・アーヴィンを探すためにアークメイジ居住区を後にする。 Mian:先生。今お時間よろしいでしょうか ミラベル・アーヴィン:おや、よろしいですよ。なんの用でしょう? ジェイ・ザルゴ:アークメイジが、先生に会えって言ったんだ ミラベル・アーヴィン:アークメイジが? Mian:マグナスの杖について…
Skyrim~Mian ダンレインの預言者を探す Skyrim

Skyrim~Mian ダンレインの預言者を探す

球体に魅入られたように見つめているトルフディルに声をかける。 mian:トルフディル先生、失礼いたします トルフディル:・・・ mian:先生? トルフディル:ああ、君か。これは本当に美しいと思わないか?こんなもの今まで見たことがない。 mian:先生、ウラッグから先生に会えと言われて来ました。涙の…
Skyrim~Mian 持ち出された本を取り戻す Skyrim

Skyrim~Mian 持ち出された本を取り戻す

溜息をつくオンマンドに声をかけてみる。 一瞬、逡巡していたが覚悟を決めたのかオンマンドが頼みがあると呟いた。 家宝のアミュレットをエンシルとの取引で渡してしまったが取り戻して欲しいと言う。 Mian:取引で渡したのならば、エンシルが返さないのも道理だろう オンマンド:それはそうなんだが・・・俺が早計…
Skyrim~Mian ジェイ・ザルゴに頼みごとをされる Skyrim

Skyrim~Mian ジェイ・ザルゴに頼みごとをされる

サールザルで見つけた不思議な球体(オーブ)。 トルフディルは「類い稀な代物だ」と言っていた。 魅入られたようなトルフディルの様子も気にかかる。 急いでウィンターホールド大学へ戻るとしよう。 そういえば、学友たちは無事に戻ったのだろうか。 荷物を片付けるついでにと、部屋へと行ってみることに。 オンマン…
Skyrim~Mian アンダーサールザルで出逢う Skyrim

Skyrim~Mian アンダーサールザルで出逢う

これはすごい!と歓声を上げながら、どんどん進んで行くトルフディルを追いかける。 小さな部屋に辿り着くと、周りの空気がひんやりとしだした。 気が付けば目の前にフードを被った見知らぬ人物が立っている。 トルフディルは、と目をやれば・・・動いていない・・・? 睨みつけると、見知らぬ人物はMianに落ち着く…
Skyrim~Mian アンダーサールザルで探索する Skyrim

Skyrim~Mian アンダーサールザルで探索する

トルフディルの後に続いて、学生たちも外へと出て行く。 どれ、俺もついていくことにしようか。 うっかりマントを身につけないまま外に出てしまい、身を切るような冷たい風に晒される。 サボス・アレン:おや、君は。 Mian:? サボス・アレン:そうか、到着したんだな。私は大学の責任者であるサボス・アレンだ。…
Skyrim~Mian ウィンターホールド大学に入学する Skyrim

Skyrim~Mian ウィンターホールド大学に入学する

大学の中に入り、身に着けていたフードとマントを外す。 新入生に向けてのオリエンテーション。 どんなことをしているのか・・・。 元素の間に入ると、ひげの男性が3人の学生に向けて何やら説明をしているのが見えた。 ・・・それを遠めに眺めているサルモールの姿も。 こいつ、さっきミラベルと言い争いをしていたな…
Skyrim~Mian ウィンターホールドを目指す Skyrim

Skyrim~Mian ウィンターホールドを目指す

ギュッ ギュッ 自分が踏みしめる雪の音を聞きながら、男はSkyrimを目指していた。 彼の名はMian。度重なる暴力沙汰に父親が激怒し、魔法使いとしてあるまじき行為と勘当されてしまった。 深いため息をつきながら、今まで歩いてきた道を振り返る。 吐く息が白い。この地はどこまで雪が続いているんだ。 父親…
Skyrim~7代目 ダンマーMian 導入MOD( Xbox One) Skyrim

Skyrim~7代目 ダンマーMian 導入MOD( Xbox One)

7代目 ダンマーMian 今度こそ破壊魔法を極めるよ!できる限り魔法大学のクエストを拾う。 魔法使いの、そこそこ良い家系に生まれたけど暴力沙汰を度々起こすので父親に勘当される。 ソルスセイムには行きたくなかったので、スカイリムのウィンターホールド大学で学生生活をおくることに。 大学のアークメイジと父…