カテゴリー: <span>派閥</span>

Fallout NewVegas ;For the Republic, Part 2(2)

Mr.Houseを排除する。 ムーア大佐の言葉を考えながら、ひとまずNewVegasへ戻ってきた。 プラチナチップを取り戻した時、Mr.Houseが嬉々として強化したセキュリティトロン達を見せてくれたことを思い出す。 確 …

Fallout NewVegas ;Still in the Dark(2)

キャンプ・マッカランでの少々後味の悪い事件を片付けたLuciaとアルケイドは、B.O.S.から依頼された「濾過システムの部品」の残り2つを探しに行くことにした。 「あとは・・・Vault3と11だったか?」 『えーと、そ …

Fallout NewVegas ; I Put a Spell on You(2)

Luciaが落ち着くまでアルケイドは黙って傍に座って待っていた。 『ごめんね、せんせい。待っててくれてありがとう。』 「Lucia、大丈夫か?」 『うん。慣れないことはするもんじゃないね。』 よしっと掛け声をかけて椅子か …

Fallout NewVegas ; I Put a Spell on You

久しぶりにキャンプ・マッカランへ来たので、シュー大佐に挨拶していきたいとLuciaが言い出した。 「シュー大佐?誰だ?」 『うーんと、ブーンさんが言うには凄い人らしいんだけど。ここをまとめている人。』 「なるほど。」 シ …

Fallout NewVegas ; I Could Make You Care(4)

エルダー・マクナマラのいる部屋の扉の前に立つと、ベロニカはより一層緊張した面持ちになった。 『大丈夫、ベロニカ?』 「あはは・・・やっぱり緊張するわね。この場所に籠っていたほうがB.O.S.のためなのかしら?」 『ベロニ …

Fallout NewVegas ; I Could Make You Care(3)

バンカーを出て、エルダー・エリヤが残したメッセージを確認するために隠れ家であったGibsonの家を目指す。 どんなテクノロジーだったら、マクナマラを説得できるだろうねと話ながら。 「抱え込むだけ抱え込んで、身動き取れなく …