レッドガードDiyaab編

Skyrim~Diyaab お膳立てをする Skyrim

Skyrim~Diyaab お膳立てをする

近づいてきた男は、持っている金はまともな手段で稼いだものじゃないだろうと言い放つとニヤリと笑った。 なんだ、こいつは。 絡んで喧嘩をふっかける・・・という訳でもなさそうだ。 面白そうに俺を見ると、仕事を手伝わないかと言い出した。金になるぞとブリニョルフと名乗る男は言う。 無言を同意と捉えたのか、広場…
Skyrim~Diyaab~リフテンにたどり着く Skyrim

Skyrim~Diyaab~リフテンにたどり着く

イヴァルステッドを早めに出立する。 宿屋の親父がハイ・フロスガーへの巡礼の話や西にある呪われた墓地の話を聞かせてくれた。 まぁ、興味はないが。 鶏の鳴き声だけが聞こえてくる朝靄の中、リフテンへと向かうことにする。 途中、遺跡のようなものを見かけた。 屯している山賊にLadyが反応して、襲い掛かってい…
Skyrim~Diyaab 南周りでリフテンへ Skyrim

Skyrim~Diyaab 南周りでリフテンへ

同じ宿屋にヘルゲンで見かけたトサカ頭(Midirのこと)がいることに気づき、Diyaabは予定を前倒しして早朝に出発することにした。 トサカ頭と会話こそしてはいないが、顔を覚えられていたら面倒だ。 町が動き出す前にホワイトランを出る。 地図を見て、どのルートでリフテンへ行くか考える。 大きな街道は避…
Skyrim~Diyaab ホワイトラン周辺を調査する その2 Skyrim

Skyrim~Diyaab ホワイトラン周辺を調査する その2

昨日の謎の道化師が気にかかるが・・・まぁもう会うこともないだろう。 今日はホワイトラン周辺の残りとホワイトランの場内を確認して、次の町へ移動することにしよう。 昨日宿屋でリフテンという町に整形手術を行うことができる技術者がいるという噂と ウィンドヘルムに闇の一党との接触を求めている人物がいる噂を聞い…
Skyrim~Diyaab 謎の道化師と相見える Skyrim

Skyrim~Diyaab 謎の道化師と相見える

日が暮れて、どんどん周りが暗くなってきた。 ランタンの灯りが心細げに揺らめいている。 まさか、こんな暗い中にいる訳もあるまいと思いながら街道を少し進んでいくと・・・ 車軸が折れた馬車が見えた。 衛兵が通り過ぎて行ったが、見慣れたものなのか気にも留めない。 Ladyが何かに気づいたのか、ふんふんと鼻を…
Skyrim~Diyaab ホワイトラン周辺を調査する Skyrim

Skyrim~Diyaab ホワイトラン周辺を調査する

ホワイトラン周辺の衛兵の見張りの位置や潜伏ポイントを探るべく、出かけることにしよう。 街中で着ていた服は変えることにする。 よし、それでは行くとするか。 歩き出してすぐに衛兵とすれ違う。 当然の事だが、リバーウッドよりずっと警固が厳しいようだ。 道沿いに衛兵が歩いているのが見える。どのあたりまでが警…
Skyrim~Diyaab ホワイトランへ Skyrim

Skyrim~Diyaab ホワイトランへ

ジャルデュルの家で一晩過ごし、ホワイトランへ向かうためリバーウッドを出発しよう。 が、その前に・・・。この帝国軍の鎧をどうにかしないとな。 リバーウッドへ来る途中に鉱山があったはず。そこには恐らく山賊どもか、鉱夫たちのどちらかがいるだろう。 一般市民の服装を早く手に入れなければ。 遠くから鉱山入り口…
Skyrim~Diyaab ヘルゲンにて Skyrim

Skyrim~Diyaab ヘルゲンにて

後頭部に鈍い痛みを感じて目が覚める。 ゆっくりと目を開く。薄目で周りを見渡すと・・・。 これは・・・馬車か。馬車で、どこかへ運ばれている。 身じろぎすると、向かいに座っている男が声をかけてきた。 どうやら俺はストームクローク軍諸共捕まってしまったらしい。 視線を右に移すと、そこにはウルフリック・スト…
Skyrim~6代目レッドガードDiyaab 導入MOD Gameplay

Skyrim~6代目レッドガードDiyaab 導入MOD

6代目レッドガードDiyaab 闇の一党クエスト完了をまずは目指します。 6代目レッドガードDiyaab 故郷で腕利きの暗殺者として生きていた。ウルフリック・ストームクロークの暗殺を依頼され、スカイリム入り。 あと一歩のところまで迫ったが、帝国軍が乱入してきてストームクローク軍諸共捕まってしまう。 …