ニューベガス都市圏

Fallout NewVegas ; Ring-a-Ding-Ding! (1) Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; Ring-a-Ding-Ding! (1)

KingからMick ang Ralphを紹介され、早速店へと向かうLuciaとラウル。 ものまね学校を出たところ、でLuciaが後ろを振り返った。 「どうしたんだい、ボス?」 『うん・・・。』 「あの犬が気になるのかい?」 Luciaはこくりと頷いた。 『何か手当ができるんじゃないかと思うの。』 …
Fallout NewVegas ; G.I. Blues(5) Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; G.I. Blues(5)

KingにNCRとの交渉を依頼されたLuciaはラウルと共に駅の方に向かうことにした。 ふと、Kingが可愛がっているRexという犬がよたよたと歩いているのが気にかかった。 このこはどうしたんだろう? 今のごたごたが片付いたら、聞いてみることにしよう。 ものまね学校を出て、諍いが起きているという北西…
Fallout NewVegas ; G.I. Blues(4) Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; G.I. Blues(4)

再びオールドモルモンフォートへ戻ってきたLuciaとラウル。 「ジュリー・ファルカスって誰だい、ボス?」 『ジュリーさんはね、ここをまとめている人で・・・ちょっと変わった髪型してるんだよね・・・あ、いた!」 ジュリーを呼び止め、早速NCRのことを聞く。 『ジュリー!久しぶり』 「あらLucia。・・…
Fallout NewVegas ; G.I. Blues(3) Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; G.I. Blues(3)

『暴力沙汰?』 「そうだ。・・・この話をする前に、少しだけ今のフリーサイドの状況を話してやろう。」 そう言うとKingはRexの頭を撫でた。 Rexは気持ちよさそうに目を閉じて、なされるがままだ。 「この辺りに昔からいた人たちはStripが建設されてから沢山の人々が流れ込んでくるのを嫌っていてね。」…
Fallout NewVegas ; G.I. Blues(2) Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; G.I. Blues(2)

Kingのところで休ませてもらい、翌朝フリーサイド東門ゲートへと向かう。 「なぁ、ボス。Kingが言ってたボディガードだけど、入り口にそんな奴いたか?」 『この間来た時はいなかったかも。初めてここに来た時に、なんか勧められたの覚えてるよ。』 「勧められた?」 『うん。ボディガードを連れて歩けって。フ…
Fallout NewVegas ; G.I. Blues Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; G.I. Blues

その後もオールド・ベンとあれこれと話し込んでいた。 『エスコートって、何?』 「あー・・・そうだな。」オールド・ベンがちらとラウルを見た。 片方の眉毛を上げて、ラウルが怪訝な顔をする。 「お嬢ちゃんにはちょっと早い話かな。女性に、その、特別なサービスをするんだ。」 オールド・ベンの表情と話の内容から…
Fallout NewVegas ; Strip地区を目指す Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; Strip地区を目指す

Sloanでゆっくりと休んだLuciaとラウルは朝早くからNewVegasを目指すべく出立した。 『ね、ラウル。』 「どうした、ボス?」 『ラウルはNewVegasに行ったことある?』 「俺みたいな労働者は、あんなとこには近寄らないな。近寄れないとも言うが。」 ふーん、と納得したようなしていないよう…
Fallout NewVegas ; Heartache by the Number(3) Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; Heartache by the Number(3)

キャスと一晩中あれこれ話をしながら過ごした。 NCRのことは、私の国・家族と言うが妄信しているわけではなく、世の中をより良くするためにより努力すべきだとも言っていた。 NCR・・・。 クリムゾンキャラバンとヴァン・グラフが手を組んでいる証拠を見つけて、最終的な始末はNCRに着けてもらうほうがいいのだ…
Fallout  NewVegas ;  Heartache by the Number(2) Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; Heartache by the Number(2)

アルケイドとオールドモルモンフォートの入り口で別れた。 『せんせい、また来るね。』 「わかった。気を付けるんだぞ。」 ED-Eと一緒にモハビ前哨基地へと向かう。 キャスは相変わらず、酒場でウィスキーグラスを傾けていた。心なしか元気がないように見える。 そりゃ、そうか。キャラバンを手放したんだもんな・…
Fallout NewVegas ;You Can Depend on Me(2) Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ;You Can Depend on Me(2)

クリムゾンキャラバンに戻り、アリス・マクラファティに無事請求書を届けたことを報告する。 アリスはご満悦だった。 更に仕事をしないか?と話を持ち掛けてくる。 『どんなこと?』 「手に入れたいキャラバンがありましてね。交渉してきて欲しいんです。」 「まだキャラバンを手に入れたいと言うのか。」 アルケイド…
Fallout NewVegas ;You Can Depend on Me(1) Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ;You Can Depend on Me(1)

次はどうしようかなと地図を見ていたら、モハビ前哨基地で出会ったキャスが教えてくれたクリムゾンキャラバンが近くにあることに気が付いた。 アルケイドと一緒に行ってみようかな? 『ねえ、せんせい。クリムゾンキャラバンって知ってる?』 「クリムゾンキャラバン?近くに本部があるが・・・何の用があるんだ?」 『…
Fallout NewVegas ; High Times Fallout NewVegas

Fallout NewVegas ; High Times

オールドモルモンフォートへ戻る道すがら、ベニーに頭撃ち抜かれてグッドスプリングで目覚めたことやED-E・ブーンとの出会いの話をする。 「Lucia、少し荷物の整理をしてくるからジュリーと先に話をしていてくれないか。」 『OK、先生。またあとでね。』 自分のテントに戻って行くアルケイドを見送る。 さて…