Fallout : NewVegas,ヴァルプス・インカルタ,クレイグ・ブーン

Fallout : NewVegas,ヴァルプス・インカルタ,クレイグ・ブーン

深酒をして泥のような眠りについたブーンが目を覚ましたのは、すでに日が高く昇った昼近くだった。

頭がまだ働かず、体は重い。
喉の渇きを覚えて立ち上がると、まだ酔ったような感覚で足元がふらついた。
こんな酷い二 ...

Fallout : NewVegas

Fallout : NewVegas

久々にブーンと出かけてLuciaは少し浮かれていた。
それが、キャンプゴルフでの頼まれごとを片付ける、ということだとしても。

ニューベガスに着く頃には日が傾き始めていた。
丁度キャスやベロニカが夕ご飯の支度 ...

Fallout : NewVegas

Fallout : NewVegas

Lucky38の外で声をかけてきたリージョン兵、ヴァルプス・インカルタ。

シーザーからだと勲章を渡された時、ルシアの手をじっと見つめてたのが気にかかる。
あいつは一体何を見ていたの?。
まさか・・・元奴隷だ ...

Fallout : NewVegas

Fallout : NewVegas

倒したリージョン兵の返り血を浴びて、死体の山の真ん中で立ち尽くすルシア。
右肩をしきりに触っている。

それに気づいたブーンが、後ろから声をかけてきた。
「怪我でもしたか?」肩に触れようとした時、体をふいに硬 ...

Fallout : NewVegas

Fallout : NewVegas

男性陣が珍しく全て出払った日の午後。
(アルケイドはオールドモルモンフォートへ、ブーンとラウルは武器の手入れをするためにラウルの小屋へ)

珍しく新鮮なリンゴと小麦粉、バターも手に入ったのでリリーがアップルパイを作ろ ...

Fallout : NewVegas

Fallout : NewVegas

ネリス空軍基地でラウルの壮絶な過去と老いることへの恐れを聞いた帰り道。

ラッキー38に戻ってくると、意を決したようにルシアが声をかけてきた。
「ラウル、背中貸して」
「どうした、ボス?」

不思議 ...

Fallout : NewVegas

Fallout : NewVegas

「なんだと?」
思いがけない言葉を聞いて、クレイグ・ブーンはルシアに聞き返した。

ここはフリーサイド北門近く。
つい今しがたフィーンドの集団を倒したばかりで、足元には死体が転がっている。
「やっぱり ...