tomber des hallebardes

ブリーズホームを整えるため手持ちの金を使ったErdeは、ひとまず金稼ぎをしたいとリディアに訴えた。

山賊退治などは首長が賞金をかけているはず。
宿屋に行って、仕事がないか聞いてみましょう。とリディアは提案した。

バナード・メアの女将フルダに声をかけると、あらと挨拶。
リディアの後ろにいるErdeとセロに気づき、リディアへ小首を傾げて誰なのかを確認した。
「こちらは首長から任命された従士のErde様と、その用心棒のテルドリン・セロです。」
「おい、リディア。その紹介の仕方はないだろう。」

静かなる月の野営地の山賊退治を紹介された。
行ってみることにしよう。

セロの戦い方を後ろから見ながら、Erdeも左手に火炎右手にメイスを持って戦う。

リディアは盾で弓を避けながら、一直線に敵へ突っ込んでいく。
脇からセロがアイススパイクを撃って敵を足止めする。
そして一気に間合いを詰めて、敵の首を掻っ切る。

あっという間に片付いた。
ついでに野営地の中にお宝がないか、確認してから戻るとしよう。

野営地にたどり着いた時は晴天だったが、中にもいた山賊を倒して出てきた時には土砂降りの雨。
「あら・・・かなり激しく振っていますね。従士様どうします?雨宿りしてから戻りますか?」
「ここからホワイトランまで距離そんなにないし、走って戻ろうかな。」
「そうだな・・・。雲の感じを見ると、暫く止みそうになさそうだ。とっとと戻るとしよう。」

そういうと3人は大急ぎで野営地を飛び出し、ホワイトランへと一目散に走る。

途中Erdeが滑って転んでしまい、泥だらけの惨めな姿になってしまった。
更にホワイトランに辿り着く頃には、寒いと言って震え出した。

「お前、風邪ひきかけてるんじゃないか?」セロが額に手を当てる。
ひゃっと可笑しな声を出して、セロの手を払いのけるErde。
「なんだ、そんな元気があるなら大丈夫だな。」



ブリーズホームに駆け込み、炉端の周りで体を温める。
「従士様?」
リディアがErdeの様子に気が付いた。

炉端前でぐったりと座り込むErdeの額に慌てて手をやると・・・熱い。
「セロ!乾いた布を持ってきてください。あと従士様の着替えを!」
湯を沸かし体を拭いた後、濡れた衣服を着替えさせベッドに横たえる。

てきぱきと看病するリディアを遠巻きにセロは見つめていた。
「セロ、私はアルカディアのところに行って薬を貰ってきます。その間、従士様の看病をしていてください。」
「は?私がか?」
じろりとセロを睨む。渋々看病を引き受けることとなったセロは不機嫌そうだ。

看病ったってな・・・。
とりあえずベッドの傍にある椅子に腰かけてErdeの様子を窺う。
額に乗せた濡れタオルを変えてやっている時、Erdeが小さく何か呟いた。

「セロさん・・・」

熱っぽい手を握ってやると、セロの手が冷たくて気持ちいいのか両手で握りしめてきた。
首筋とか脇の下を冷やすといいんだったか。
空いた手で、Erdeの首筋を触る。ふうとErdeが溜息をついた。

「あれ・・・?セロさん?」
「気づいたか。水を飲め」
体を起こしてやり、コップを渡す。Erdeは素直に水を飲み干した。

「まったく・・・。雇い主に倒れられたら敵わんよ。」
「ごめんなさい・・・」
熱でぼんやりしているのか、いつもより素直な返事をするErdeにセロが調子に乗って首筋に手を当てる。
「冷たくて気持ちいい。」
額に手を当てた時は振り払ったのにな。どうした?と思いながら、更に脇も冷やそうか?と言ってみる。

「脇・・・?熱、下がるの?」
そういうとErdeが服を捲りだした。




「何をしてるんですか。」

振り返るとリディアが仁王立ちしていた。
首筋に手を当てているセロ。服を捲り上げようとしているErde。
セロを叩き出し、Erdeに解熱の薬を飲ませる。

えへへと笑いながら、リディアを見上げる。
「どうしたんですか、従士様?」
「セロさんの手、大きかった。」
あいつ、まさか変なことをしたんじゃないでしょうね。リディアが一瞬形相を変えたことにErdeは気づかなかった。
「とにかく、今は寝て熱を下げましょう。従士様、ゆっくりお休みくださいね。」

「言っておくが、やましいことは何一つしていないからな。」
2Fから降りてきたリディアに気づいたセロが、まずは口火を切った。
「熱を出してぼんやりしている若い娘の首筋に手を当て、更に服を捲り上げさせている姿のどこが、やましくないんでしょうね?」

「私は、雇い主とどうこうするつもりはない。関係を持つつもりはない。」
「・・・へぇ?」疑った表情のままリディアが傍の椅子に腰かける。
「なんだ。私がそんなに節操なしに見えるのか?」
リディアは黙ったまま首を振る。

汗をかいた衣服を着替えようと階段付近まで歩いてきていたErdeは、セロとリディアの会話を耳にした。

雇い主。
ああ、そうか。

着替える気持ちが急に失せ、ベッドに戻り布団に潜り込む。
熱のせいなのか、わからなかったが涙が浮かんで仕方がなかった。